2026年からF1への参入を目指していると言われるアウディは、マクラーレンを買収することによってグランプリの世界に打って出ることを検討していると伝えられている。しかし当のマクラーレンは、F1チームを売却することはないと断言する。

 フォルクスワーゲン・グループは、その傘下のブランドであるアウディとポルシェを使い、2026年からF1に参入することを検討している。

 そのうちポルシェは、レッドブルにパワーユニットを供給することになると見られている。一方でアウディは、選択肢について検討中であるとされる。そのひとつが、マクラーレンのチーム自体を買収し、ワークスチームとして参入するという形だ。すでにマクラーレンとの交渉も行なわれているとされる。

 この話が現実のモノとなれば、マクラーレンの名がF1から完全に消えてしまうということになる可能性もある。

 しかしマクラーレンのCEOであるザク・ブラウンは、マクラーレンの名前は今後もF1に残り、アウディにチームを売却することもないと断言した。

 アウディにチームを完全売却する可能性について尋ねられたブラウンCEOは、motorsport.comに対して次のように語った。

「いやいや、我々の株主は、マクラーレンということにとても固執している」

 そうブラウンCEOは語った。

「確かにアウディとは話をした。しかし我々は売りには出されていないのだ。我々は自分達の将来に向けて注力している。その作業は、順調に進んでいるんだ」

「株主は我々のチームに対し、先頭争いに戻るために必要なリソースを提供するため、多額の投資を行なっている。商業的にも非常にうまく行っているし、チームの士気も本当に素晴らしい。我々は、レーシングチームを売ってしまうことに興味はないよ」

「我々はマクラーレンF1だ。これは、我々が残していかなければならないモノだ。そして今後もレーシングチームを所有し続けていくつもりだ」

 新型コロナウイルスの感染拡大により、マクラーレンの財務状況は一時は危機的な水準にまで陥った。しかしMSPスポーツ・キャピタルなどの投資家からの資金注入があり、状況は改善。チームが自ら最善の利益を手にするための決断を下すために、確固たる基盤を築くことができたとブラウンCEOは語る。

「今の我々は、本当に強い立場にある。18ヵ月前には、そういう立ち位置にはいなかった」

 そうブラウンCEOは明かす。

「MSPスポーツ・キャピタルが加わり、投資を行なった。皆さんは18ヵ月前の状況をご存じのはずだ。しかし現在の状態を考えると、それはかなり昔のことのように思える」

「我々のパートナーシップの条件は、レーシングチームの所有権を保持し続けるということだ。誰かがそれとは異なることを話したいというならば、今後話し合いを行なうということはないだろう」

 アウディへのチーム買収を否定するブラウンCEOだが、マクラーレンが2026年以降に使うパワーユニットについては、また別の話だと語る。

「マクラーレンを売却することについては検討しない。しかしマシンのリヤにどのパワーユニットを搭載したいかということについては、アンドレアス(ザイドル/チーム代表)次第だ」