F1第5戦マイアミGPは、レッドブルのマックス・フェルスタッペンがフェラーリのシャルル・ルクレールをコース上でオーバーテイクし逆転し、優勝を飾った。

 前戦エミリア・ロマーニャGPから連勝を飾ったフェルスタッペンの走りを見る限り、最近のマシン開発によって勢力図はシーズン開幕時から変化し、今はフェラーリに対してレッドブルがアドバンテージを持っているようにも見える。

 しかしながら、フェラーリがこれまで大きなアップデートを導入していないのも事実。今回のマイアミGPに持ち込まれた低ダウンフォース仕様パッケージが、その最初の一歩だった。

 今季の予算制限額は1億4000万ドル(約184億円)。F1のビッグチームにとっては決して余裕がある額ではなく、レッドブルは積極的な開発の結果、開発予算を使い果たし、その代償を払うことになると、フェラーリは考えているようだ。

 マイアミGPのレース後フェラーリのマッティア・ビノット代表は、レッドブルとのパフォーマンスの差は、レッドブルがエミリア・ロマーニャGPに持ち込んだアップグレードによって説明できると語った。

 同時に、レッドブルが予算制限を超えないように、このままのペースで開発を進めることは不可能だとも主張した。

「レッドブルがシーズン当初からクルマを改良し、アップグレードを導入してきたのは事実だ」

「この2戦を見ていると、おそらく彼らは我々より1周あたりコンマ数秒は速くなったはずだ。このペースを維持するためには、開発を進めてアップグレードを行なう必要があることは間違いない」

「予算の上限もあるから、ある段階でレッドブルが開発を止めることになると予想している。そうでなければ、私にはどうやっているのか理解できない」

 フェラーリは、次戦スペインGPに今季初のメジャーアップグレードパッケージを投入する予定だ。

「次の数レース、少なくとも我々はアップグレードを導入してクルマをできる限り開発する。我々のターンだ」と、ビノットは言う。

「バルセロナに持ち込むパッケージが、我々にとって重要なモノになっても不思議ではない」

「いつものように我々が導入するパッケージが期待通りに機能することを望んでいるし、そうであれば、レッドブルとのギャップを埋めるために良いものになるはずだ」

 アップグレードをかなり厳選して進めているフェラーリ。ビノットは予算の制約により、今季のアップグレードは控えめにせざるを得ないという。

「レースごとにアップグレードするような予算はない。とてもシンプルなことだ」

「開発能力がないからではなく、予算の上限があるからだ。だから、適切なタイミングで、適切な額を支出し、なんとか開発に集中できるようにする必要があるんだ」

 フェラーリの”攻め時”はいつなのかという質問に対して、ビノットは「我々が何をするか、宣言するつもりはない」と付け加えている。