フェラーリはマイアミGP決勝でセーフティカー(SC)が出動した際にステイアウトを選択した理由を説明した。

 決勝レース後半、ピエール・ガスリー(アルファタウリ)とランド・ノリス(マクラーレン)がコース上で交錯したことでSCが出動した。首位マックス・フェルスタッペン(レッドブル)を追うシャルル・ルクレールとカルロス・サインツJr.のフェラーリ勢にとっては、首位を奪還する絶好のチャンスが訪れたようにも見えた。

 レースコントロールがバーチャル・セーフティカー(VSC)からSCに切り替えた時点で、首位フェルスタッペンはピット入口を通過していたが、フェラーリのふたりはまだその手前を走っていた。

 つまり、ピットロスタイムの少ないこのタイミングで、どちらかひとり、もしくはふたりが続けてピットへ飛び込み新しいタイヤに交換すれば、残り周回でフェルスタッペンに対して優位に立つ……そしてトップに躍り出ることもできたはずだった。

 しかし、前述の通りフェラーリはピットストップではなくステイアウトを選択。フェルスタッペンと同じく周回数を重ねたタイヤのままで走ることとなった上、サインツJr.は4番手セルジオ・ペレス(レッドブル)が新品ミディアムタイヤに切り替えたことで猛追を受けることとなった。

 レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表もレース後に「フェラーリがVSCからSCに移る時に、我々を少し”解放”してくれた」と語っており、フェラーリがピットへドライバーを呼び込むことを予想していた。

「マックスはすでにピット入口を通過していた」とホーナーは続ける。

「フェラーリはフリーストップも行なえたはずだが、どちらのマシンでもそれを行なわなかった」

「我々はそのことに感謝している。もし彼らがソフトタイヤを履いていたら、今回は3位になっていただろうからね」

 ただフェラーリとしては、トップを狙う絶好のチャンスをみすみす逃した訳ではないという。

 ルクレールとサインツJr.の持ちタイヤには、すでに新品のミディアムタイヤとソフトタイヤはなく、残っていたのは新品のハードタイヤと選択肢が限られていたのだ。

 フェラーリのマッティア・ビノット代表は、ハードタイヤに履き替えることでレッドブルを追い詰めるどころか、悪い方向へ状況が展開する可能性もあったと考えている。

「(SC終了後の)ウォームアップの面では、新品よりも中古タイヤの方が有利だと考えていた」とビノットは言う。

「ガレージに残っていた新品のハードタイヤでは、ウォームアップでもっとひどい目に遭っていただろう」

「そのため、我々は(SC明け)最初の数周のウォームアップとアタックのために、ステイアウトを選択したのだ」

「シャルルにはSC明けの1周目で絶好のチャンスが訪れたと思うし、たしかにあの時点では近づけていた。カルロスとしても、新しいミディアムタイヤのチェコ(ペレスの愛称)から守ることができた」

 サインツJr.はペレスから3位の座を守ることは簡単ではなかったものの、フェラーリがステイアウトを選択したことには全面的に支持している。

「チェコがピットインするのは知っていた。彼は新品のミディアムタイヤを残していたからね」とサインツJr.は言う。

「僕らの選択肢は中古のソフトタイヤか、新品のハードタイヤだった。でも僕としてはどちらも10〜12周走るには十分ではなかった」

「最終的には彼を抑え込めたし、その判断は正しかったと思う。彼は僕を抜くための全条件、全ての手札を持っていたんだ。タイトで激しいバトルだったから、前で留まれたことにはちょっと驚いているよ」