2022スーパーGT第3戦の決勝レースが5月29日、鈴鹿サーキットで行なわれた。GT300クラスの優勝は、7号車Studie BMW M4だった。

 5月末にもかかわらず、夏本番のような暑さの下で行なわれた今回の鈴鹿戦。GT300クラスは、決勝スタートを迎えるまでにも数々の波乱があった。

 まず予選では、Q2で10号車TANAX GAINER GT-Rのルーキー、大草りきがトップタイムをマークし、ポールポジション獲得かに思われたが、ポールポジション会見も終わった後、最低地上高不足による再車検不合格が発覚。タイム抹消となり、7号車BMWにポールポジションが転がり込んだ。

 また決勝直前のウォームアップ走行では、20号車シェイドレーシング GR86 GTがデグナー立ち上がりで大クラッシュを喫し、決勝のグリッドに並べないというハプニングも。結果的にGT300クラスは26台によるレースとなり、14時40分に52周のレースの火蓋が切られた。

 荒聖治がステアリングを握る7号車はスタートで首位をキープ。96号車K-tunes RC F GT3の新田守男、56号車リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-Rの藤波清斗、30号車apr GR86 GTの織戸学がグリッド順通りに続いた。

 11周目には、ランキング3番手につける18号車UPGARAGE NSX GT3の太田格之進がシケイン手前でクラッシュ。セーフティカー出動となった。15周目でレースが再開されると、20周にも満たない段階から複数台がピットに入り、52号車埼玉トヨペットGB GR Supra GTなど、一部のチームはタイヤ無交換でコースに復帰した。

 トップを走る7号車BMWは23周目にピットインしてタイヤ4輪交換。タイヤ無交換でポジションを上げていた5号車 マッハ車検 エアバスター MC86 マッハ号をなんとか抑え、タイヤ交換組でのトップをキープした。

 56号車GT-R、30号車GR86らがピットに入ると、7号車は名実共にトップに返り咲き。タイヤ無交換組の52号車スープラ、5号車MC86らがそれに続くという展開となった。

 しかし、レース終盤にアクシデントが。6番手を走行していた244号車HACHI-ICHI GR Supra GTが、GT500クラスの16号車Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GTと接触して両者ストップしたのだ。これでセーフティカーが出されることとなり、各車のマージンはリセット。タイヤ無交換組にとっては厳しい展開となってしまった。

 7号車BMWを駆る近藤翼は、残り9周でのリスタートを決めて2番手以下との差を広げていく。2番手には5号車MC86、3番手には56号車GT-R、4番手には88号車Weibo Primez ランボルギーニ GT3となった。52号車スープラは、吉田広樹がシケインでオーバーランしてしまい、ポジションを落としてしまった。

 近藤はその後も安定した走りを見せ、トップチェッカー。BMWワークスドライバー、アウグスト・ファルフスの代役としてステアリングを握った近藤が大仕事を成し遂げた。5号車MC86は56号車GT-Rの猛攻を抑え切り、2位でフィニッシュ。56号車は0.271秒差の3位となったが、ポイントリーダーの座をキープした。