F1第7戦モナコGPの決勝レースが行なわれ、セルジオ・ペレス(レッドブル)が優勝した。

 F1 2022年シーズンは7戦目を迎え、モナコにF1が戻ってきた。舞台は全長3.3kmのタイトかつテクニカルなモンテカルロ市街地サーキットだ。

 モナコでのレース週末の前から、決勝レースが行なわれる日曜日の現地15時〜17時には雨の予報が出されていたが、日曜日の朝のモナコの空は澄み渡っていた。F1の決勝レースを前に行なわれた併催のFIA F2のレース2やポルシェ・カレラカップも晴天の下で行なわれ、F1もドライコンディションの中、各チームはマシンをレコノサンスラップに送り出した。

 しかし徐々にモナコ上空を黒い雲が覆い始め、レース前のセレモニーでモナコ国歌が響き渡ると、雨がポツポツと落ちてきた。

 雨はコースを濡らし、レースコントロールからはウェット宣言がなされた。決勝レース直前のコンディション変化もあり、スタートは16分のディレイとなった。

 全車が排水能力の高いウェットタイヤを履き、セーフティカー先導でのフォーメーションラップへ。しかし雨脚はさらに激しさを増し、低速でもアクアプレーニングが発生する状況に……レース可能な状況ではないと判断され、レース1周目に入る前に赤旗が提示された。

 各ドライバーはピットレーンにマシンを戻し、レーススタートに向けて天候の回復を待った。徐々に雨脚は弱まり、現地16時05分(日本時間23時05分)にピットレーンがオープン。セーフティカーに続いて、各車がレース1周目に出た。

 しかしランス・ストロール(アストンマーチン)とニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)が、いきなりウォールにマシンを当てピットに戻った。

 そんな中レースは3周目からローリングスタートで”開幕”。ポールシッターのシャルル・ルクレール(フェラーリ)を先頭にフェラーリ勢とレッドブル勢のトップ4が1集団で走った。

 一方、ピエール・ガスリー(アルファタウリ)を始め後方に沈んだドライバーは、早々にインターミディエイトタイヤへ履き替え始めた。雨は上がりマシンが走行を重ねたことで路面は急激に乾いて行き、インターミディエイトタイヤ勢のタイムが徐々に向上。それを見た角田裕毅(アルファタウリ)やミック・シューマッハー(ハース)も続いてタイヤを履き替えた。

 コース上にはドライのレコードラインができ始め、早めにインターミディエイトタイヤに切り替えていたガスリーが、ウェットタイヤを履くドライバーをコース上に次々にパス。見るからに、路面はインターミディエイトタイヤに適した状況となっていた。

 上位勢はウェットでコース上に留まり続けたが、3番手のペレスが16周目の終わりにピットイン。ペレスはインターミディエイトタイヤで周囲より5秒以上速いタイムで飛ばし、2周遅れてピットインしたトップのルクレールを”アンダーカット”した。

 さらに、路面はインターミディエイトタイヤからスリックタイヤに適したコンディションにまで乾き上がり、後方ではドライタイヤに履き替えるドライバーも。21周目の終わりには、ここまでウエットタイヤで引っ張ってきたカルロス・サインツJr.(フェラーリ)、インターミディエイトタイヤを履いていたルクレールもピットに飛び込みハードタイヤに切り替えた。

 レッドブルもその翌周にダブルピットイン。ペレスはサインツJr.に対して首位を守り、ルクレールは今度はフェルスタッペンにも先行され、4番手へと後退した。

 全車がスリックタイヤに履き替え、レース27周目を消化したところでアクシデントが発生した。シューマッハーがターン14に向かう中で濡れた路面に足を取られたか、リヤからスピン……速度が落ちることなくプールサイドシケインふたつめ入口のテックプロ・バリアに激突。幸いシューマッハーに怪我は無かったようだが、マシンはリヤセクションがもげ、見るも無残な状態となってしまった。

 このクラッシュよりレース30周目に再び赤旗が提示され、各車はピットレーンにマシンを停めた。クラッシュしたシューマッハーのマシン撤去とバリアの修復が終わり、現地時間17時15分(日本時間00時15分)にレース再開した。

 赤旗中団中はタイヤ交換が許されるため、レッドブル勢やメルセデス勢、アルピーヌ勢、角田などが新品のミディアムタイヤにチェンジ。一方で、フェラーリ勢を始め中古のハードタイヤを履き続けるドライバーも少なくなかった。

 セーフティカー先導で隊列を整えた後、レースは33周目から先頭にリスタート。ペレスを先頭に、2番手サインツJr.、3番手フェルスタッペン、4番手ルクレールが等間隔で走り、ジョージ・ラッセル(メルセデス)とランド・ノリス(マクラーレン)がトップ4に続いて走った。

 一方で、7番手フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)はペースが上がらず、上位からは30秒以上も引き離されてしまう。しかもアロンソの後方は最後尾のアレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)までがトレイン状態となった。

 トップのペレスは2番手サインツJr.に対して一時は3秒以上の差を築いたものの、ミディアムタイヤにグレイニングが発生。ラップタイムが急激に悪化し、後続が接近。ルクレールまでのトップ4が一団となった。

 サインツJr.はペレスに追いすがり、激しく攻め立てた。そしてレース最長制限時間の3時間を迎えて、ファイナルラップの65周目に突入(当初の予定は78周)。ペレスはサインツJr.からトップを守り抜き、今季初めてトップチェッカーを受けた。キャリア3勝目を名誉あるモナコで達成し、25ポイントを稼いだ。ペレスは表彰式で母国メキシコの国歌が流れると、感極まって涙を流した。

 2位にサインツJr.、3位にフェルスタッペンという表彰台。アクシデントもあり予選2列目に甘んじたレッドブルが、乾きゆく路面を攻略しダブル表彰台を獲得した。

 4位にはまたも母国モナコで好結果を手にできなかったルクレール。ただルクレールとしては、ようやくモナコでのレースでチェッカーを受ける形となった。5位にラッセル、6位にノリス、7位にアロンソ、8位にハミルトン、9位にエステバン・オコン(アルピーヌ)、10位にバルテリ・ボッタス(アルファロメオ)というトップ10だった。

 アルファタウリの角田は11番グリッドからスタートしたものの、レース終盤にターン1でオーバーランを喫するなどしたため、完走した中で最下位の17位でレースを走りきった。