F1モナコGPでの勝利を戦略ミスで手放したフェラーリ。次戦アゼルバイジャンGPに向け、失敗がチームを強くするとマッティア・ビノット代表は巻き返しを誓った。

 モナコGPでフェラーリは、シャルル・ルクレールがポールポジションからレースをリードしながらも、ウエットからドライへと路面コンディションが変化する中で、チームは2度に渡りピットストップのタイミングを外し、ルクレールは4番手に後退。優勝はおろか、表彰台にすら登れずそのまま4位でレースを終えた。

 母国初優勝の夢がまたも潰えたこともあり、ルクレールはこの戦略ミスに激怒。レース後、彼は次のように語っていた。

「ミスが起こることはあるが、今回は全体としてミスが多すぎた」

「ここではこれまでの数年、同じように厳しかった。だからそれに慣れていて、がっかりして家に帰るよ。でも特に今の僕らが置かれている状況を考えれば、こういうことを続ける訳にはいかないんだ」

 ビノット代表は、モナコでの戦略ミスから多くを学ぶことができ、過去数シーズンに渡り遠ざかっていたタイトル争いにチームが慣れていくと考えている。

「このような状況が我々を強くしてくれると確信している」とビノットは言う。

「知っての通り競争力があるのは事実だが、それと勝つことは異なる問題。また別のレベルの難しさなのだ」

「チームとしても、我々はまだ進化していて、学んでいる。もう少し時間がかかるのかもしれない」

 ルクレールは、スペインGPでPUトラブルによりリタイアを喫したことで、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)にドライバーズランキングの首位を明け渡した。そしてモナコGPではフェルスタッペンのチームメイトであるセルジオ・ペレスが勝利したことで、ランキング2番手の座も怪しくなってきている。

 フェラーリとしても、モナコGP終了時点で、コンストラクターズランキングでレッドブルに対して36点のビハインドと大きく水を空けられている。

「最速のマシンを持ち、ポールポジションを獲得しながらも、レースで勝てていないのは確かに残念なことだ」とビノットは続ける。

「本当に残念だ」

「スペインで起きたこととは全く別の話だ。確実にレースをリードできていたのに、信頼性の問題が起きた。今回(モナコGP)は、我々を困らせる状況があったとはいえ、判断や決断が上手くいかなかった。そう、だから残念でならない」