F1アゼルバイジャンGPの決勝レースでフェラーリのシャルル・ルクレールとカルロス・サインツJr.のふたりを襲った信頼性トラブルについて「現状で明確な答えは出せない」とチーム代表のマッティア・ビノットは語った。

 決勝レースでは、レース序盤にサインツJr.のマシンがストップ。彼はブレーキバイワイヤのトラブルと語ったが、チームは油圧系トラブルだと明かした。

 その後、レースをリードしていたルクレールにもトラブルが襲う。2戦前のスペインGP同様に、彼はパワーユニット(PU)のトラブルによりリタイアを強いられた。フェラーリPUカスタマーチームのケビン・マグヌッセン(ハース)もPUトラブルによりリタイア。技術トラブルにより周冠宇(アルファロメオ)もレースを走り切れなかった。

 ビノット代表はレース後、トラブル原因を断定するのは時期尚早だと語った。

「我々は分析し、理解する必要がある」とビノットは言う。

「2台のマシンを見れば分かると思うが、それぞれが異なるトラブルを抱えていた。カルロスの場合は油圧システムを調べて、上手くいけば原因を特定できるだろう」

「シャルルについてはエンジンに関連するモノで、煙を見れば一目瞭然だと思う。過去にも同じようなことがあっただろうか?」

「そうは思わないが、もしかしたらそうかもしれないし、カスタマーチームに起きたことも見ている」

「しかしテレメトリーデータだけでは、問題に対する明確な答えは出ないと思う。コンポーネントは(ファクトリーがあるイタリアの)マラネロに戻される。いつも通り分解され、できるだけ早く理解して、改善できるようにするのだ」

「それが品質、信頼性、その他によるモノなのか? それもまだ分からない。しかしこれだけ信頼性トラブルが起こると、懸念があるのは間違いない」

「パフォーマンスへの取り組みという面では、PUの設計を刷新して、素晴らしい仕事ができたことは分かっている。しかしそれは同時に、プロダクトという点ではまだ日が浅く、信頼性の面ではまだ進歩が必要ということでもあるのだ」

 ルクレールはPUトラブルによって結果的に勝利を失ったものの、それまでチームが採っていた戦略は正しかったとビノットは言う。

 サインツJr.のマシンストップによりバーチャル・セーフティカー(VSC)が導入された際、レッドブルはステイアウトを選択した一方で、ルクレールはピットイン。1セット目のミディアムタイヤの交換するには予定よりも早いタイミングだったものの、その後レッドブル勢がピットに入ったところで首位に躍り出た。

 タラレバではあるものの、2セット目のハードタイヤはデグラデーション(性能劣化)が少なく、トラブルがなければ、ルクレールは勝利を手にしていただろうとビノットと考えている。

「VSCの際、シャルルがピット入口に接近していたから呼び込んだ。チームはとても素早く反応できた」とビノットは説明する。

「我々はとてもシャープだった。この段階でアドバンテージを手にしていたと思うが、まだ残り周回は多かったから、最後までタイヤをマネジメントする必要があったのだ」

「ハードタイヤにデグラデーションはほとんど見られなかった。だから生き残れていたら、あれは正しい判断だったと思う。ただその明確な答えは出ていない」

「これからデータを算出して、みんなそれを見て、レースがどうなっていたかを想像することになるだろう。だが我々はとても強く、タイヤの面でも確実に秀でていた。そしてシャルルはマシンの挙動にとても満足していた」