F1アゼルバイジャンGPで上位を走りながらもトラブルにより入賞圏外でのフィニッシュとなったアルファタウリの角田裕毅。次戦カナダGPに向けてモチベーションは高いと語った。

 バクー市街地サーキットを舞台に行なわれたアゼルバイジャンGPで角田は、予選8番グリッドから決勝レースをスタート。バーチャル・セーフティカー出動のタイミングで早めのピットインを済ませたことや、フェラーリがダブルリタイアを喫したこともプラスに働き、レース中は6番手を走行していた。

 しかし、レース終盤にリヤウイングのDRSフラップが中央で割れるというトラブルが発生。オレンジディスク旗が提示されたことから、ピットでのリヤウイング修理を余儀なくされ、大きく後退してしまった。

 それにより角田は13位フィニッシュとなった。一方で、チームメイトのピエール・ガスリーが5位で大きなポイントをチームに持ち帰った。

 角田はトラブルによって逃した入賞を悔しく思っているものの、カナダ・モントリオールで行なわれる次戦カナダGPに向けてはポジティブな心持ちでいるようだ。

 というのも、舞台となるジル・ビルヌーブ・サーキットは、公園の外周路を使用したサーキット。直線区間が長いことも含め、市街地サーキットのバクーと比較的似通ったコース特性を持っていると言える。

「アゼルバイジャンでの無得点という結果はとても残念ですが、週末を通してペースがあることは証明できていたのでカナダでのレースにも前向きに臨むことができると思います」

 そう角田はチームのリリースにコメントを寄せた。

「予選ではチームとして最良の結果でしたし、少なくともピエールは5位で大量得点を手にしました。僕も6位フィニッシュの可能性はありましたが、リヤウイングの問題でそれを逃してしまい、とても悔しいです」

「だからこそ、今回も前進を進めるために僕のモチベーションは高いです」

「モナコ、バクーに続き、モントリオールも一風変わったサーキットで、全体的にグリップが低く高速コーナーが多いため、バクーと同じく中低速のダウンフォース(セッティング)で走ることになります」

 角田は昨年2021年からF1昇格を果たしたが、カナダGPはパンデミックにより2020年から今年まで開催を断念している。そのため、角田にとっては今回が初のカナダGPとなる。

 初体験のサーキットでのレースに向けて、シミュレータ作業は既に行なっているが、その前からもジル・ビルヌーブ・サーキットは角田の”お気に入り”のひとつだったようだ。

「まだシミュレータでしか経験していませんが、面白そうなサーキットです。実はF1のゲームをやっている時も、よく走っているサーキットなんです。だからシミュレータで走る前から、それなりにイメージはできていました。どうなるかはFP1が終わってからのお楽しみです」

「中速と低速のコーナーが混在していますし、高速シケインもあります。カナダ自体行ったことがありませんし、モントリオールは楽しい街だと聞いています。初めて訪れて、コース上もコース外もどのような感じなのか探索するのが楽しみです」