フェラーリのシャルル・ルクレールは規定数を越えるコントロール・エレクトロニクス(CE)をパワーユニット(PU)に投入したため、第9戦F1カナダGPの決勝レースで10グリッドの降格ペナルティを受けることとなった。

 ルクレールは前戦アゼルバイジャンGPの決勝レースで、首位走行中にPUトラブルに見舞われリタイア。搭載していたPUは「修理不可能」なまでにダメージを負ったことをチームは認めていた。

 それによりカナダGPのフリー走行1回目に向けて、ルクレールのPUに対しフェラーリは、年間3基までと定められている内燃エンジン(ICE)と熱エネルギー回生システム(MGU-H)、運動エネルギー回生システム(MGU-K)、そして年間2基までと定められているCEを新品に交換。これによりルクレールは当該コンポーネントにおいて規定数上限に到達した。

 ターボチャージャー(TC)に関しては、アゼルバイジャンGP終了時点で既に規定数上限の3基に到達していたことから、カナダGPでは4基目の投入もあり得るのではないかと言われてきたが、これまでのところその交換はない。

 しかしフリー走行2回目終了後、FIAはルクレールが3基目のCEを使用したことを確認。これによりルクレールはカナダGPの決勝レースで10グリッドの降格ペナルティを受けることとなった。

 ルクレールはフェラーリが3基目のCE投入の判断を下す前に、シーズン序盤からペナルティを受けることは「ベストな状況とは言えない」と語っていた。

 しかし、カナダGPの舞台となるジル・ビルヌーブ・サーキットはストレートが多く、DRSゾーンも3ヵ所設置されていることから追い上げも比較的容易だとルクレールは考えていた。

 しかしフリー走行2回目終了後、FIAはルクレールが3基目のCEを使用したことを確認。これによりルクレールはカナダGPの決勝レースで10グリッドの降格ペナルティを受けることとなった。

 ルクレールはフェラーリが3基目のCE投入の判断を下す前に、シーズン序盤からペナルティを受けることは「ベストな状況とは言えない」と語っていた。

 しかし、カナダGPの舞台となるジル・ビルヌーブ・サーキットはストレートが多く、DRSゾーンも3ヵ所設置されていることから追い上げも比較的容易だとルクレールは考えていた。

「ここはオーバーテイクしやすいサーキットのひとつだ。ただこの先3〜4戦でもオーバーテイクしやすいサーキットはある」

 そうルクレールは語っていた。

 現時点では規定数を超過したコンポーネント交換はCEのみで、ペナルティも10グリッド降格に留まっているものの、グリッド後方からでも十分に追い上げられるとチームが判断した場合には、この機会に他のPUコンポーネントも交換し、パーツをプールする可能性もある。

 なお、カナダGPではアルファタウリの角田裕毅が4基目のICE、TC、MGU-H、MGU-Kを投入したことでグリッド降格ペナルティ。最後尾グリッドからの決勝スタートが決定している。