ザクセンリンクで行なわれているMotoGP第10戦ドイツGPの予選、ドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤが最速となり、今季3度目のポールポジションを獲得した。

 バニャイヤはこの週末を通して、かなりの速さを示しており何度もコースレコードを更新。FP4でも素晴らしいペースを見せており、レースでも優勝候補であることは間違い無いだろう。

「今日の天気は楽じゃなかった。本当に暑くて風も強かったからね」と、バニャイヤは予選を振り返った。

「このコンディションを考慮すれば、かなり良いタイムだったと思う。このコースは、僕らドゥカティが初日から速く走るのは難しいコースでもあるから、すごく嬉しいよ。まるで別のコースのように美しかったんだ」

 彼は、ドゥカティがこれまで苦手としてきたザクセンリンクでの好調ぶりに関して、次のように説明している。

「全てが噛み合って機能しているんだ。昨シーズン、僕らは1年中作業を続けて、最終的にこのバイクの”曲がる”部分で大きく前進することができた」

「2022年型のカウルも思った以上に役に立ってくれているし、タイヤもより上手く使えているんだ」

 バニャイヤの隣、2番グリッドにはポイントリーダーのファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)が控えている。彼は決勝レースに向けた準備はできていると話しつつ、クアルタラロ、そして4番グリッドのアレイシ・エスパルガロ(アプリリア)らライバルへの警戒も怠らなかった。

「FP4では僕もかなり上手くやれた。ブレーキングでもハードに攻められたし、ユーズドタイヤですごく一貫した走りができていたからね」

「明日に向けてはとても良い準備ができていると思う。たとえファビオがもう一歩前進してきたとしてもだ。もちろん、彼とアレイシはレースでとても速いとは思うけどね。それからザルコ(ヨハン・ザルコ/プラマック)とミラー(ジャック・ミラー/チームメイト)もそうだろう。それでも、僕はレースに向けて準備ができていると思う」

「ファビオみたいなライダーは、どこで攻めてくるか分からない。僕らは自分の仕事を続けて、明日はこの2日間のように楽しみ続ける感じで走りたい」

「この暑さのなかでは、先頭でスタートすることにアドバンテージがある。だから序盤にミスを犯すことはできないし、誰かの後ろだとフロントタイヤの内圧が上昇するリスクがあるから、追い抜かれるのは防がないといけない」