F1カナダGPを制したのは、レッドブルのマックス・フェルスタッペンだった。これでフェルスタッペンは今季6勝目、レッドブル勢としては第4戦エミリア・ロマーニャGPから6連勝……すでに今シーズンを手中に収めた感がある。

 ただ今回のレース中のペースを見ると、ここ数戦のような”楽勝”ではなかった。

 確かに前回のアゼルバイジャンGPではフェラーリ勢が揃ってリタイア。モナコでもフェラーリが戦略ミスを喫して後退していった。ただレースペースを見ると、明らかにフェラーリ勢のデクラデーション(タイヤの性能劣化)は大きく、レッドブル勢には太刀打ちできそうもなかった。事実、エミリア・ロマーニャ〜スペインGPまでの3戦は、デグラデーションが大きかったため、レッドブル勢を相手に完敗を喫している。

 ただ今回のカナダGPでは、カルロス・サインツJr.がフェルスタッペンに真っ向勝負を演じた。それが特に現れているのが第2スティントであろう。