レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、今シーズンのタイトル争いのライバルであるフェラーリに信頼性のトラブルが相次いでいるものの、それで油断することはなく、自分たちのことに集中していくだけだと語る。

 2022年のF1はここまで、レッドブルとフェラーリの激しい先頭争いが繰り広げられてきた。しかしここ数戦、フェラーリには信頼性のトラブルが多発。先日行なわれたオーストリアGPでも、フェラーリは1-2フィニッシュ目前まで迫りながら、カルロス・サインツJr.のマシンにトラブルが発生し、炎上してリタイアすることとなった。さらにシャルル・ルクレールのマシンにも、レース終盤スロットルのトラブルが発生。ルクレールはアクセルが完全に戻らない状態でコントロールし、マシンをチェッカーまで運んでみせた。

 マシントラブルはフェラーリにとって最大の懸念事項であるものの、レッドブルはこの状況に安心することはできないという。

 フェラーリの信頼性の問題によって、ある程度安心することができたかと尋ねられたホーナー代表は、次のように語った。

「そんなことはない。我々はそれに、あまり注目していない」

 ホーナー代表はそう語った。

「それによって我々が何かをコントロールしたり、そのことが何か貢献してくれるなどとは思っていない。我々は自分達のことに集中し、我々のパッケージを最大限に活用する必要があると思う」

「彼らは(オーストリアで)とても強いマシンを持っていた。彼らは1-2フィニッシュできたはずだ」

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、依然としてドライバーズチャンピオンシップをリードしている。オーストリアGPが終わった時点でルクレールとの差は38ポイント。しかしホーナー代表は、まだチャンピオン争いの大勢が決したわけではなく、今後どんなことも起こりうると語った。

「それはもちろんだ」

 ホーナー代表はそう語る。

「まだ、チャンピオンシップのちょうど中間を過ぎたところだ。そして状況はかなり揺れ動いている」

「まだまだ長い道のりが残っている。オーストリアGPではポールポジションを獲得し、スプリントで勝利し、そしてレースでは2位になったため、ダメージを最小限に抑えることができた。マックスはシャルルに、5ポイント詰められただけで済んだ。コンストラクターズランキングでも、ダメージは比較的抑えられた」