アルファタウリは、直接のライバルである中団グループから少し遅れた第12戦フランスGPのタイミングで大型アップデートを投入。評価テストを行なった初日を終え、ドライバーのふたりからは前向きな声が聞こえてきた。

 直近3戦のアルファタウリは接近する中団グループの中で、通常のドライコンディションではウイリアムズらと共にテールエンドを争うにまでパフォーマンスが低迷。ピエール・ガスリーと角田裕毅のふたりは、これまでマシンのダウンフォース不足を度々訴えてきたが、フランスGPでは待望のアップデートを投入した最新パッケージのマシンを走らせる機会を得た。

 今回のアルファタウリのアップデートは、フロアを中心にディフューザーやエンジンカバーなど、ダウンフォース増加を目指しデザインされたモノだ。フランスGPの舞台となるポール・リカール・サーキットには中低速から高速コーナーまでが揃えられ、マシンの総合力が試される。F1に限らずマシンのシェイクダウンや開発に利用されるサーキットであり、今後に向けてもアップデートやマシンの実力を計るには”もってこい”と言える。

 フリー走行1回目ではガスリーが最新パッケージを走らせ、角田は従来パッケージで走り、アップデートの比較評価テストを実施。結果、ガスリーが5番手、角田は18番手となった。

 続くフリー走行2回目ではふたり共が最新パッケージのマシンを走らせ、ガスリーが7番手、角田が14番手となった。

 ガスリーは初日の走行のみで結論を急ぐことはしなかったが、今回のアップデートの効果を高く評価している。

「まだ一日の大まかな結果を振り返っただけだが、パフォーマンスの面でトップ10に返り咲いたことは明白だ。午前中は5番手、午後は7番手だったんだ」

 ガスリーは初日の走行を終えてそう語った。

「僕らが持ち込んだパーツに関して感覚の部分では、FP1序盤からマシンの挙動や反応、周回中のハンドリングでポジティブな兆候が沢山あった」

「僕はとっても満足している。このパッケージは僕の母国レースでも機能しているし、コース上の全てのドライバーと競い合えるのは良いね」

「あとは初日のテスト結果を理解して、土曜日の予選につなげるだけだ」

 またガスリーはアップデートに関し、マシンのフロントが「少しシャープ」になり、コーナリングでのダイレクト感が増し、「少し粘れる」ようになったと評価している。

「マシンをもう少しコントロールできるようになったし、何ができるのかも分かっている。それは良いことだ」とガスリーは続ける。

 アップデートのおかげでマシンに自信を持つことができるようになったかとガスリーに尋ねると、彼はこう答えた。

「そうだと言えるね」

「自信の問題というより、マシンが僕らの望み通りに反応してくれていなかったというのが正しい。これで僕らは一歩前進できたと思う」

 また角田は、新パッケージのマシンに乗り換えたFP2では走り出して「すぐに違いを感じられた」として、「かなり違いは大きく、僕はとても満足です」と語っている。

「明らかに、中高速域でダウンフォースが増しているのが感じられました。すぐにポジティブな印象を得ました」と角田は続ける。

「知っての通り、僕はFP2からだったので、ドライビングとバランスに関してはまだ不十分な点があると思います。ただFP3では落とし所を見つけて、予選Q3を狙いたいです」