F1第12戦フランスGPの決勝は、フェラーリのシャルル・ルクレールが首位を走行していたものの、ターン11でクラッシュを喫した。

 どうやら、スロットルに何かトラブルを抱えてしまったようだ。ルクレールは、前戦オーストリアGPの終盤にもスロットルが戻りきらないトラブルが発生。この際は、なんとかマックス・フェルスタッペンの追撃を抑え勝利したが、今回は痛恨のクラッシュとなってしまった。

 なお、幸いルクレールには大きな怪我はなかった。

 またアルファタウリの角田裕毅にとっても、今回のレースは悔しいモノとなってしまった。8番手からスタートした角田だったが、オープニングラップのターン8でエステバン・オコン(アルピーヌ)と接触。スピンで最後尾まで後退した。

 この接触ではオコンに5秒のタイムペナルティが出されている。角田のマシンは左サイドポンツーンに大きくダメージを受けており、角田はルクレールのクラッシュで出されたセーフティカー中にガレージに戻ってレースを終えた。