ポール・リカール・サーキットで行われたF1フランスGPで、マクラーレンのランド・ノリスは7位フィニッシュ。彼は予選で速さを示した一方で、レースに向けた問題が露呈したと考えている。

 フランスGP予選でノリスは予選5番手タイムを記録。メルセデスのルイス・ハミルトンとジョージ・ラッセルの間に割って入る形となった。

 しかしスタートでは出遅れがあり、ラッセルとフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)のふたりに先行を許し、後退を喫してしまう。中盤、シャルル・ルクレール(フェラーリ)のクラッシュもあり、最終的には7位でフィニッシュとなった。

 ノリスは今回の結果について「やれること、やるべきことは全部できたと思う」と語っている。

「昨日の予選でのこともあって、期待がすこし大きくなっていたから悔しいけどね」

「メルセデスの間に割って入ることができたのは、僕がとても、とても良いラップをまとめ上げることができたからだと思う。でも彼らはレース勝利に近づいていることを証明していた」

 またノリスは現在のマクラーレンのマシンが、ロングランよりも”予選向け”になっていると認めている。

「予選とレースでのペースの違いを示していると思う。どういうわけか、bo僕らは予選でのペースのほうが多少優れているみたいだ」

「新しいタイヤに少ない燃料というコンディションが、僕らの問題を覆い隠してくれている。燃料をたくさん搭載して、ユーズドタイヤになるとすぐに、そうした問題が姿を表してくる。そして、遅くなるんだ」

「予選で良いタイムを出させてくれているバランスが、どこかへ行ってしまうんだ。それこそが、僕らがレースでの先頭争いで苦しんでいる理由なんだと思う」

「初日から、パッケージの理解を進める上でいくつか改善を果たしてきた。ただパッケージ全体として、日曜日にすこしパフォーマンスを失ってしまっているようだ」




 ノリスは次戦ハンガリーGPのようにオーバーテイクが難しいコースでは予選での速さが役に立つことは認めている。ただやはり決勝レースでより優れたペースがあることが重要だと考えを述べた。

「ああ、そういうトラックがあるのも確かだ。でもレースに強いマシンが欲しいコースもたくさんある。予選とレースで強い、良いマシンが必要なんだ。予選ではジョージよりも先んじていたのに、彼は今回またしても表彰台フィニッシュなんだ」

「だからシーズンを通じてだと、予選番長なマシンよりも、レースに強いマシンが好ましいのかもしれない」

「アップデートもあるし、それは様子をみないといけない。でもアップデートはかなりポジティブだったと思っているんだ。これが無かったら、もっと遅かったかもしれないし、もっと悪いポジションだったかもしれない。だからポジティブで前進しているんだと思うよ」

「アルピーヌはシーズンを通じて僕らよりも速い。彼らはここまでミスが多かった一方で、僕らは上手いことやってきたんだ。だから今、彼等が前にいることはより現実的だし、僕らはこのマシンにふさわしい位置にいると思う」

 またノリスはフランスGPのレース自体が、簡単なものではなかったと語っている。

「ちょっと風も強くて難しかったね。特にシャルルのクラッシュした右ロングストレートでは、時々マシンを吹き飛ばすような突風が吹いていた。気温も高くて、タイヤマネジメントも凄く難しかったよ」

「それから1ストップで最後まで良いペースで走りきろうと思ったなら、序盤から攻めても最後まで行けるという自信が必要になる」

「それが肉体的にも大変なんだ。水筒を使っていないないことで、気分も悪くなるんだけど、あまり使えないんだ。あんまり飲みすぎると、吐いてしまうから、避けているんだよね」