レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、F1カレンダーで市街地サーキットが幅を利かせる現状を憂い、伝統的で"F1マシンに適した"サーキットを尊重するべきだと苦言を述べた。

 F1のオーナーであるリバティ・メディアは、新天地でのF1開催を目指しており、スパ・フランコルシャンで開催されるベルギーGPやポール・リカール・サーキットでのフランスGP、そしてモナコGPまでもが、来季以降の開催が危ぶまれるという状況に追い込まれている。

 F1は近年、多くの常設サーキットに比べファンのアクセスが良い市街地サーキットでのF1開催に執心で、アゼルバイジャン、サウジアラビア、マイアミと市街地サーキットでの開催数は増加。2023年にはラスベガスでの開催も予定されている。

 フランスGPでフェルスタッペンは、F1がスパでレースを行なわないのであれば「悲しい」として、次のように続けた。

「まず僕のお気に入りのサーキットで、ドライブするには最高のサーキットなんだ」

「もちろん、他のサーキットと比べたらトラフィックで少し大変な面もあるのは理解している」

「でも、とても象徴的なサーキットだし、2028年とかに、ファンとの交流のために都市に近い市街地サーキットだけを走っている自分を見たくはないよ」

「もちろん、みんながお金を稼ぎたいというのは分かるけど、それにも限度がある。そのために設計された訳じゃない市街地サーキットをただ走るよりも、こういう本当にクールなサーキットをカレンダーに残しておくのは重要なことだからね」

 開催ストップの危機に同じく立たされているフランスGPだが、F1のステファノ・ドメニカリCEOは将来的にフランス・ニースで市街地サーキットを開催する案があることを明かしている。

 母国GPの存続を願うアルピーヌのエステバン・オコンは、ドメニカリとフランスGPの行く末について協議を行なったところ、「F1にフランスの居場所はある」と確信するに至ったという。そして、その開催地はル・マン24時間で使用されるブガッティ・サーキットに変わる可能性を示唆した。

「もちろん、トラックリミットとかその他諸々に少し手を加える必要はある」とル・マンでのF1開催についてオコンは語った。

「ル・マンでF1がレースをするんだ。ショーとしても、とても印象的になるだろうね」

 ただル・マン24時間レースが開催される全長13.6kmのサルト・サーキットと、その一部としてMotoGPフランスGPでも使用されるブガッティ・サーキットも、F1開催に求められるFIAグレード1規定には劣るグレード2となっている。

 そしてフランスGPの将来については、開催地の問題ではなく、隔年開催で開催地を増やしたいというF1の意向も影響してくるだろう。