アルファタウリのピエール・ガスリーは、パワーユニット(PU)のコンポーネントを交換したことによりF1ハンガリーGPの決勝レースをピットレーンからスタートすることになる。

 ガスリーは、トラックリミット違反によるタイム抹消を受けた影響もあり、予選Q1でノックアウト。19番手に沈んでいた。

 そこでチームは、ガスリー車のPU交換に踏み切った。F1の発表によると、ガスリー車はPUの6コンポーネント(エンジン、ターボチャージャー、MGU-H、MGU-K、コントロールエレクトロニクス、エナジーストア)を一新。これらはいずれもシーズン使用制限基数をオーバーしたため、ペナルティの対象となる。

 ただ、戦術的な理由からチームはFIAの技術委員会の承認なしに変更を行なったため、ガスリーはピットレーンからのスタートとなる。これにより、アルファタウリはガスリー車のセットアップを調整することもできる。

 また、レッドブルのマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスもPUを変更している。イギリスGPを前にF1のレギュレーションが変更され、予選後のパルクフェルメ下でもコンポーネント交換が可能になったのだ。

 この機会を利用し、レッドブルは2台のエンジン(ICE)、ターボチャージャー、MGU-H、MGU-Kおよびエキゾーストを交換している。なお、これらのコンポーネントはいずれもペナルティなしで利用できる3基目であり、フェルスタッペンは10番手、ペレスは11番手からのスタートは変わらない。

 フェルスタッペンは予選Q3最後のアタックで予想外のパワーロスに見舞われていたが、このPU交換で懸念なくレースに臨めるはずだ。