2022年スーパーGTの第4戦が8月7日、富士スピードウェイで行なわれた。450kmのレースでトップチェッカーを受けたのは37号車KeePer TOM'S GR Supraだった。

 富士でのスーパーGT開催は、第2戦に続き今季2度目。その際もレース距離は450kmに設定されていたが、中盤の大クラッシュにより赤旗中断。最終的に当初の周回数に到達しないままセーフティカーランのまま日没終了に終わる消化不良のレースとなった。今回こそは450kmを走り切り、各車の地力と戦略の妙が勝敗を分ける、そんなレースが期待される中で決勝日を迎えた。

 予選でポールポジションを獲得したのは、19号車WedsSport ADVAN GR Supra。第2戦から3戦連続となる定位置から、念願の勝利を目指すレースとなった。2番手は24号車リアライズコーポレーション ADVAN Zで、ヨコハマタイヤユーザーがフロントロウを独占した。

 13時を過ぎてグリッドへの試走が始まる頃に、サーキットに雨が落ち始めた。しかしスタートを迎える頃には晴れ間が見え、ほぼドライに近いコンディションで14時にレーススタートを迎えた。なおエクストラフォーメーションラップにより、当初の100周から1周減算の99周レースとなった。

 スタートではホールショットを奪った19号車だったが、苦しいレースを強いられた。3周目のTGRコーナー(1コーナー)で24号車の先行を許すと、上位陣から1周1〜2秒遅いペースでは防戦も難しく、10周目には6番手までポジションを落とした。

 今回はレース中に2回給油を行なうことが義務付けられているが、その度にドライバー交代をする必要はない。最後尾スタートの17号車Astemo NSX-GTは19周終了時にピットインし、短い給油だけを済ませてコースに復帰した。

 レースが3分の1の33周を消化。トップ3は24号車、37号車KeePer TOM'S GR Supra、12号車カルソニック IMPUL Zという顔ぶれだ。このタイミングでドライバー交代をすれば各ドライバーの最大運転距離(レース距離もしくはレース時間の3分の2以内)を遵守できるということもあり、ピットが一気に慌ただしくなっていった。

 レースが折り返しを迎える頃には各車が最低1回のピットストップを終えたが、トップ3は24号車、37号車、12号車と変わらず。8号車ARTA NSX-GT、36号車au TOM'S GR Supraがそれに続いた。

 レース前半にはトラブルも続出した。23号車 MOTUL AUTECH Zは33周目のピットから程なくしてスロー走行となりガレージイン。長時間をロスしてしまった。また、エンジンとシャシー交換によるペナルティストップを消化して追い上げを目指していた38号車ZENT CERUMO GR Supraも、ピットロード脇で動けなくなってしまい、リタイアに終わった。

 58周目、変則なピット戦略を採っていた17号車がピットイン。ダブルスティントをこなした松下信治から塚越広大にドライバー交代し、給油とタイヤ交換を済ませて残り周回を走り切ることを目指した。

 レース後半、24号車、37号車、12号車の上位3台が約2秒差以内で連なり、団子状態に。そんな中で73周目に24号車がピットインすると、その1周後に37号車も2度目のピットに。24号車の前でコースに復帰し、事実上の首位に立つことに成功した。その翌周に12号車もピットに入り24号車を逆転したが、37号車の前に立つことは叶わなかった。

 37号車をドライブする宮田莉朋はその後安定したペースでリードを広げ、そのままトップでチェッカー。相方のサッシャ・フェネストラズと共にGT500初勝利を挙げ、ドライバーランキングでも首位に浮上した。2位は12号車、3位は24号車だった。