2022年シーズンのフェラーリは、新レギュレーション導入に伴い大幅に戦力アップ。全チーム中最速とも言われるマシン『F1-75』を手にしたが、チャンピオンシップをリードする存在にはなれていない。

 その要因はいくつかあるが、信頼性の問題に加え、レース戦略でレッドブルに上回られている印象が強い。シャルル・ルクレールは、13レースでポールポジションを7回獲得していながら3勝止まり。対するマックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、ポールポジションは3回ながら8勝をマークしている。フェラーリが速さを結果に繋げることができていないのは明らかだ。

 しかしながらフェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、改善の余地は常にあるとしながらも、戦略部門を強く擁護。適切な人材を適切に配置していると強調した。

 これは今シーズン、フェラーリを激しく批判してきた一部のF1ファンにとっては、驚きのスタンスといえるかもしれない。

 ウエットコンディションでスタートしたモナコGPでは、ルクレールがレースをリードしていたにも関わらず、路面コンディションを読みきれず。タイヤ交換のタイミングが早すぎたり、あるいは後手に回ってしまうなど、レッドブル勢にしてやられてしまった。結局このレースでフェラーリは、カルロス・サインツJr.の2位が精一杯。地元戦でもあったルクレールはフェルスタッペンの後塵を拝し、表彰台も獲得できなかった。

 イギリスGPでは、セーフティカー出動時にルクレールをピットインさせなかったことで、タイヤの面でアドバンテージがあるライバルたちに抜かれ4位。優勝するチャンスがありながら、またも表彰台を逃した。

 そしてハンガリーGPでは、ハードタイヤのパフォーマンスを引き出すのが難しいコンディションであることを読みきれず、予定外のピットインを行なったことでもポジションを下げ、6位に終わっている。

 チームメイトのサインツJr.に関しても、フランスGPのレース中無線で、戦略を二転三転させているような無線が放送された。これによってフェラーリのストラテジストが混乱している印象を与えたのも、批判の原因のひとつだろう。

 ビノットは、フェラーリはもっとうまくやれるはずだと語り、特にモナコGPでの失敗から、ピットウォールでもっとうまく情報を得られるようなシステムの変更案について、教訓を得たという。

 しかし、フェラーリの戦略に根本的な問題があると考えるのは早計だとビノットは話す。なぜなら、レース中のタイヤ戦略でライバルのレッドブルに勝ったこともあるからだ。

「フェラーリには常に自分たちを向上させる方法があると思う」

 ビノットは、motorsport.comの独占インタビューにそう答えている。

「完璧なんてことは決してない。だから、エアロ、シャシー、パワーユニット、戦略、その他何でも自分たちを改善する必要があるのは間違いない」

「でも、そうは言っても、戦略に関しては素晴らしいチームを持っていると思うし、それが弱点だとは思っていないよ」