2023年シーズンに向けて大きく揺れ動くF1ドライバー市場。ハースF1は、ケビン・マグヌッセンが復帰と共に複数年契約を結んでいる一方で、F1参戦2年目を迎えたミック・シューマッハーのシートは未だ決まっていない。

 そうした状況の中で、ハースF1のギュンター・シュタイナー代表は、来季のドライバー選択について全ての選択肢を検討すると語っている。

 サマーブレイク明けのベルギーGPに先立ち、マクラーレンは今季限りでダニエル・リカルドがチームを去ることを発表。8回のグランプリウィナーがドライバー市場に放出されることとなった。

 ただシュタイナーは、来季のドライバー候補を仮定することは間違っているとの考えを明かした。

「(会見の)この15分の間で、もしあなた方が『この人とあの人とは、話をした?』と聞いてくるなら、私はノーかイエスと答えられる」

 そうシュタイナーは語る。

「私は誰とでも話をする。我々はこれからどうするかを考える。みんなは来季、もうミックはいないと思いこんでいるが、それも違う。全てはまだオープンなのだ」

「我々は来年、ドライバーをどうするのかについてまだ何も決めていない。明らかに我々は話し、情報を提供している。それがチームとオーナーに対する私の義務だ」

 チームオーナーのジーン・ハースは今後オランダGPとイタリアGPの2戦を訪れるとシュタイナーは明かし、そこが2023年のドライバー候補についてじっくりと協議を行なう機会になると語った。

 そしてシュタイナーは2023年のドライバー候補者リストは”1桁”だと語り、シューマッハーの後任としてルーキードライバーや資金力のあるペイドライバーを起用することはないと示唆している。

 またハースがパワーユニットを始め多くのコンポーネントを購入しているテクニカルパートナーのフェラーリが、ドライバー選択に口出しすることはないとしている。

 リカルドは来季F1に留まることができる選択肢はほとんどないとして、F1復帰を目指すために一度F1を離れる可能性もあると語っていた。

 シュタイナーは「他のチーム代表と同じように、業界で何が起こっているのかを自分自身で知る」ために「数週間前に」リカルドとテキストで連絡を取っていたと明かした。

 しかしハースがリカルドの獲得に乗り出すと考えるのは違うと語った。

「みんなダニー(リカルドの愛称)がフリーになったから、我々は彼を獲得するべきだと思っている」とシュタイナーは言う。

「なぜ彼がマクラーレンを去ることになると思う?」

「我々はそこを注意する必要がある。我々が何をしてきたかではなく、何ができるかが重要なんだ」

 ハースは今季、元アルファロメオのアンドニオ・ジョビナッツィをフリー走行で2回起用する。彼を起用する契約はフェラーリ側と交わしているとして、シュタイナーは2023年の候補ドライバーリストには「スーパーライセンスを持っているから、入っている」と語っている。

 シート喪失の噂が浮上しているシューマッハーは、今季序盤は大きなクラッシュを経験したものの、イギリスGPで8 位入賞を果たすと、続くオーストリアGPでも6位入賞と、調子は上向いている。

 シュタイナーはシューマッハーに関して「サマーブレイク前の四半期最後はとても良くやった」と評価を下しており、シューマッハーは3シーズン目のシートを確保するために必要なことは理解していると語っている。

「いいパフォーマンスを見せてくれれば、何も言うことはない」とシュタイナーは言う。

「彼はそれを理解している。私が彼に言う必要もない」

「彼はレースカードライバーであり、自分が何をすべきか、レースチームのみんながどうすべきか、自分の仕事をしてパフォーマンスを発揮する必要があると知っている」