2021年シーズンに続いて、今季もレッドブルやフェラーリ、メルセデスに次ぐ”ベスト・オブ・ザ・レスト”争いを展開するマクラーレンとアルピーヌの2チーム。しかし、マクラーレンのランド・ノリスは、アルピーヌからコンストラクターズランキング4番手の座を奪うには残り時間が少なくなってきていると明かしている。

 というのも、アルピーヌは積極的なマシン開発を進め、コース上ではしばしばトップ3を脅かすほどのパフォーマンスを発揮している。

 ポイントでもそれは裏付けられ、第14戦ベルギーGP終了時点でアルピーヌはマクラーレンに対して20点のリードを築いている。そしてペースの面でもマクラーレンを上回っていると言われている。

 ベスト・オブ・ザ・レストの座は勢いのあるアルピーヌ優勢との見方が強いものの、ノリスはまだマクラーレンが挽回するチャンスは残されているという。ただ、”残り時間は少なくなりつつある”とも語っている。

 ザントフールトを舞台に行なわれるオランダGPに先立ち、イベントのタイトルスポンサーであるハイネケンのプレビューイベントに出席したノリスは、次のように語った。

「何ポイントか巻き返せるといいね。特にここは、できる限りダウンフォースをつけて走らなきゃいけないところだからね」

「スパでは、効率性が重要だった。ストレートで速いだけじゃなく、レッドブルのように大きなウイングがなくても大きなダウンフォースを生み出せるマシンを持っているかどうかがカギなんだ」

「マックス(フェルスタッペン/レッドブル)が特にそうだけど、彼らは圧倒的に速い。でもここはハンガリーやモナコのような、マシンに(ダウンフォースを)全てかける場所なんだ」

「だからまた少し前進して、もう少し競争力をつけられたらいいね」

「まだ先は長いと思う。でも、アルピーヌの前に留まっていられるようにする時間はなくなってきているんだ」

 マクラーレンのアンドレアス・ザイドル代表も、アルピーヌとの戦いはまだ終わっていないと語る。

「前回のレースを見れば、アルピーヌの方が良い仕事をしたのは明らかだ」とザイドルは言う。

「しかし同時に、我々は諦めてはいない。まだ8レースも残っているし、ポイントをたくさん獲得しなくてはならない。異なるコース、異なるコンディションで行なわれた少し前のハンガリーでは、我々は競争力を発揮した。我々は4番目に強いチームだったんだ」

「だから(ベルギーGPから)何が学べるかを確認してザントフールトで逆襲するために、確かな目標を持って再び臨みたいと思う」

 今季のマクラーレンのマシン『MCL36』は直線でのドラッグ(空気抵抗)が多いと言われており、スパ・フランコルシャンではそのマシン特性が足かせとなってしまった。

 しかしコース特性の異なるザントフールトでは、逆にMCL36はマッチしているとノリス同様にザイドルも考えている。

「間違いなく、我々はもっと良いポジションにつけているし、もっと競争力があるはずだ」

「でも今年もレースごとに順位が変わり、新しいマシンのパフォーマンスレベルが変化しているのを何度も見てきた」

「だからどうなるか見てみよう。でも、我々はまた強くなれると考えている」

 オランダGP初日を終了した時点では、マクラーレン勢はフリー走行1回目で4〜5番手、フリー走行2回目ではノリスが4番手、チームメイトのダニエル・リカルドが10番手という好結果。ただ、アルピーヌ勢も両セッションでトップ10圏内につけており、予断を許さない状況だ。