F1第14戦ベルギーGPでレッドブル勢に完敗したフェラーリだったが、高いダウンフォース性能が求められるザントフールトで行なわれる第15戦オランダGPは、その差も縮まると広く予想されていた。

 その下馬評通り、フェラーリは速さを見せた。ただオランダGPの初日を終えて、多くが予想していなかったのは、メルセデスとマクラーレンの強力なペース。それにはフェラーリのシャルル・ルクレールやカルロス・サインツJr.も驚きを隠せないようだ。

 フリー走行1回目では、ジョージ・ラッセルとルイス・ハミルトンのメルセデス勢が1‐2を記録した。フリー走行2回目ではフェラーリ勢が1‐2となったものの、3番手にはハミルトン。両セッション共に、マクラーレンのランド・ノリスが4番手に並んでいた。

 レッドブル勢は、マックス・フェルスタッペンのFP1でのマシンストップもあり後塵を拝したが、少なくともフェラーリとメルセデス、マクラーレンの差は接近しているようにも見える。

 レッドブルの3連勝を許し、今季のタイトル獲得のチャンスが消えかけているルクレールにしてみれば、メルセデスやマクラーレンは厄介な存在となる。

 そのルクレールは初日を終えて次のように語っている。

「みんなすごく接近しているし、これだけみんなが接近しているのはやっぱり驚きだ」

「(土曜日は)トリッキーな1日になるだろうけど、もう一歩前進できることを楽しみにしている」

 また、サインツJr.はこう語る。

「スパではあんなに厳しい週末を過ごす事になったのに、僕らは競争力を取り戻したみたいだ」

「でも、みんなのスピードにはかなり驚いている。マクラーレン、メルセデス、そしてレッドブル……みんな0.3秒の中にいる。予選に向けて、かなりタイトになるとは思うけど、エキサイティングだね!」

 初日の走行では、レッドブルがマシンの挙動に問題を抱えていた一方で、フェラーリは速さを見せた。しかし、両ドライバーからはマシンバランスの改善の声が上がっている。

「微調整が必要だと思う。予選想定ラップは、理想的なバランスとは程遠い状態だった」とサインツJr.は言う。

「セクター1とソフトタイヤのウォームアップ、それにバランスを少し改善する必要があると感じている。でも予選に向けて、微調整と細かい詰めが重要になる」

 また、ルクレールも2日目以降に向けてマシンバランスの改善が必要だと語る。

「全体的にバランスが難しいんだ」とルクレールは言う。

「アンダーステアに苦労しているし、(コーナー)出口ではかなり厳しい。でも一歩前進できると確信しているよ」