F1第15戦オランダGPの予選がザントフールト・サーキットで行なわれ、レッドブルのマックス・フェルスタッペンがポールポジションを獲得した。

 路面コンディション改善の影響が大きく、Q1から熾烈なアタック合戦が展開された。

 Q3ではそのバトルも苛烈を極め、最初のアタックを終えてフェラーリのシャルル・ルクレールが暫定トップに。0.3秒以内にマックス・フェルスタッペン(レッドブル)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)、カルロス・サインツJr.(フェラーリ)がひしめく状況で、ラストアタックに向かった。

 熾烈なアタック合戦を制したのは、母国のマックス・フェルスタッペン。ルクレールはわずか0.021秒届かなかった。3番手はサインツJr.で、0.092秒差だった。

 アルファタウリは、Q1で3セットのソフトタイヤを使うアグレッシブな戦略が功を奏し、角田裕毅は3番手、ピエール・ガスリーは11番手でQ2進出を果たすと、Q2では角田が10番手。チームメイトのガスリーを僅差で上回り、Q3進出を果たした。

 最終的に、角田は9番手。決勝では、第6戦スペインGP以来となるポイント獲得を目指す。