ザントフールトを舞台に行なわれるF1第15戦オランダGP。アルピーヌのフェルナンド・アロンソは予選で13番手に終わったが、トラフィックの影響がなければトップ10入りは可能だったと考えている。

 アロンソはQ1を9番手で通過し、Q2の計測1回目で8番手とQ3を狙える位置につけていた。しかしQ2の2回目の計測では、アタックを既に終えてスロー走行していたレッドブルのセルジオ・ペレスと右コーナーのターン9で遭遇。他のドライバーがタイムを更新する中で、トラフィックの影響もあり、アロンソは13番手でQ2脱落となった。

 トップ10入りのポテンシャルを確信していただけに、アロンソは脱落の知らせに無線で怒りをあらわにした。

「Q2でのトラフィックが原因だと思う」

 アロンソはセッション後にそう語った。

「これまでずっと6〜7番手だったんだ。Q1もそうだったし、Q2もそうだ」

「2回目のアタックでは、ターン9の進入までに前のラップより0.5秒速かったのに、前を走っていたレッドブルと勘違いがあったんだ。それで多くをそのラップで失った」

「残念なことにQ3へは進めなかったけど、Q3進出のペースはあったんだ」

「もしこれがQ1なら、時間がたっぷりある。Q2のアタック1回目でも、次の計測がある。サーキットが最高のコンディションで正念場を迎えた時に、そのラップがトラフィックだらけなら、ちょっと残念だよ。しょうがないことだけどね」

「ザントフールトはとても小さいサーキットで、かなり狭い。いつもより難しくなるものなんだ。(次戦イタリアGPの舞台)モンツァならまた違ってくる。ストレートが長いから、他のドライバーを前に行かすことが簡単なんだ」

「今回は残念なことに、僕らに起きてしまった。この週末が少し台無しになったね」

 アルピーヌは全くコース特性の異なるスパ・フランコルシャンで行なわれた前戦ベルギーGPで予選5〜6番手を確保。今季のマシン『A522』は高速サーキットに適しているようにも思われたが、アロンソ曰くチームメイトのエステバン・オコンと比較して若干の苦戦はあるものの、マシンの競争力はザントフールトでも相対的にほぼ同じだという。

「多分、Q1の最初のアタックでは6番手だったと思う」とアロンソは言う。

「カルロス(サインツJr./フェラーリ)は7番手だったから、スパと比べてもそんなに離れていないよね」

「少なくとも僕の方では、もう一方と比べて少し苦労していると思う。でも決勝でいくつか順位を上げられるかどうか見てみよう」

「かなりのチャレンジになるだろうね。ザントフールトはトップ10圏外からスタートしたくはないサーキットだ。僕らにできることはないけどね」

 決勝ではそれくらいのオーバーテイクを見られるかと尋ねると、彼はこう答えた。

「ペースやタイヤのアドバンテージがなければ、マシンを抜くことはできないだろうね。だから、少なくとも昨年と同じくらい難しいと思う」

「マシンがトレイン状態になってしまったら、もちろんさらに難しくなる。けど同時に、そこから少し差を取るかどうかは自分次第なんだ」

 またアロンソは、レースではタイヤのオーバーヒートが問題になる可能性を指摘している。

「それは決勝でも起こりうることだ。予選では起きたけど、決勝日は曇りや雨といったコンディションも予想されている。これまでとは違う一日になると思うよ」