ザントフールトで行なわれたF1第15戦オランダGP。決勝レースでアストンマーチンのセバスチャン・ベッテルは、青旗を無視したとしてペナルティを科された。しかし、どうやらベッテルはその裁定に納得がいっていないようだ。

 ベッテルは14番手につけていたレース36周目にピットイン。周回遅れだったものの、レッドブルのセルジオ・ペレスを抜いたメルセデスのルイス・ハミルトンの前でピットアウトした。

 フレッシュなハードタイヤを履くベッテルは、青旗の警告を受けながらもいくつかのコーナーをハミルトンの前で走った。ハミルトンはベッテルの後ろを走ったことで、抜いたはずのペレスにターン3のバンクで迫られることとなった。

 ベッテルはその後2台を先行させたものの、FIAスチュワードは青旗無視として5秒のタイム加算ペナルティを科した。結果、ベッテルは14位でのフィニッシュとなった。

 この裁定についてmotorsport.comから質問を受けたベッテルは、次のように答えた。

「半周もせずに僕は道を譲ったんだ。明らかに、僕は姿を消すことなんてできない」

「僕は違った見方をしているけど、それは問題じゃないんだ」

 アストンマーチンのチーム代表であるマイク・クラックは、新しいタイヤを履くベッテルのペースが良かったことを指摘し、彼を擁護した。

「ピットからフレッシュなタイヤで出てきて、古いタイヤで走っている人に周回遅れにされるのは、いつだって辛いモノだ」

 そうクラックは言う。

「彼はその時点でそれほど遅くはなかったのだ。でもよく見てみると、我々はルイスの前で少し長く走りすぎたのかもしれない。1周丸々前に留まることはないが、こういうことは時々起こるのだ」

「こういう状況に陥るということは分かっていたから、我々は彼を止めるべきだった。彼は認識していたが、それほど悪いことではないと思っていたのだろう。でも旗が振られたら、従うまでだ」

 ベッテルはペナルティこそ受けたものの、最初のピットストップでいくつかのライバルに先行を許し、彼のレースは既に台無しになっていた。

「僕らは中団勢の多くをアンダーカットするために、かなり早めのピットストップをしたんだ。それは正しいことだったと思うよ」

 そうベッテルは振り返る。

「ただピットストップがかなり遅くて、多分2〜3秒くらい失ったんじゃないかな。でも、ピエール(ガスリー/アルファタウリ)やアレックス(アレクサンダー・アルボン/ウイリアムズ)、ミック(シューマッハー/ハース)、周(冠宇/アルファロメオ)に順位を奪われたのは明らかだ」

「そしてダニエル(リカルド/マクラーレン)とはかなり接近していた。理想的とは言えないし、問題はそれだけだったんだ」

 またベッテルはレース中、シューマッハーとバトルを展開した。それについて彼は次のように語っている。

「知っての通り、彼は入賞圏内からスタートして順位を下げていた。逆に僕はほぼ最後尾からポジションを上げていた」

「僕らは中間地点で出会ったんだ。楽しかったけど、あそこから得られるモノは何もなかった」

 ベッテルが14位に終わった一方で、チームメイトのランス・ストロールは10位入賞。アストンマーチンに貴重な1ポイントを届けたが、チームは9位のエステバン・オコン(アルピーヌ)も抜けた可能性もあったと考えている。

「トップ10圏外に外れる心配は全くしていなかった」とクラックは言う。

「しかしある時点では8番手にいたのだ。その時は、少なくとも1台のアルピーヌとは戦えると感じていたのだ」

「でも、セーフティカーが悪いタイミングで入った。我々はもうピットストップをしない予定だったからね」

「それで我々はランスを止め、エステバンを捉えるために大きなステップを踏むこととなった。それでも、少なくともどちらかを抑えられるか、どちらかを捉えることができるという確信があったのだ」

「でも、我々が追い上げている最中にセーフティカーが入った。オコンとは1周で1秒から1.5秒以上の差があったのだ。そこでまたセーフティカーが入った」

「だから基本的に、彼(オコン)はフリーストップを得られ、順位はそのままになったのだ」