ハースのギュンター・シュタイナー代表は、ザントフールトで行なわれたF1第15戦オランダGPでチームにピットストップでの失敗が相次いだことを受け、「あってはならないこと」と最優先での改善を誓った。

 8番手からスタートしたミック・シューマッハーだったが、最初のピットストップに8秒を要し、ポイント獲得争いから脱落。レース2周目にバリアと接触しかけたケビン・マグヌッセンのピットストップも上手くはいかず、ハースのふたりは13位と15位フィニッシュと無得点に終わった。

 シューマッハーのピットストップで起きたトラブルについて訊かれたシュタイナーは、次のように答えた。

「フロントジャッキがスタックして、下がらなくなってしまったのだ」

「理由は分からない。今まで聞いたことなかったモノだ。ただ下がらなかったのだ。2回目のピットストップは、ただただ遅かった……それ以上はない」

「ケビンに関しては(ホイール)ガンに問題があった。ガンが壊れていたんだ」

「ピットストップは最悪だった。我々は”カエルを飲み込む”しかないんだ」

※「カエルを飲み込め」とは、ブライアン・トレーシーが提唱する「最も重要なタスクを定め、それを最優先で行なうべき」というライフハック。

 またシュタイナーは、特にシューマッハーが予選で好調だっただけに、一連のタイムロスにはイライラさせられたという。

「こうした事態が起こってしまったことに、私は腹が立っている」とシュタイナーは言う。

「こういうことは起こってはならないと分かっているし、今回のは全てそうだ。ケビンも同様で、15番手にいたのにそこから落ちてしまった。全てはすぐ台無しになる、分かるだろう?」

「それが残念なところだ。全体的にミックは良い仕事をしたが、ここまで後退してしまうと挽回するのは難しい。中団グループにいると、全てが手から滑り落ちてしまうんだ」

「実際、最終的には想定よりも良い結果を残すことができた。我々は戦い、残されたモノを最大限に活用したんだ」

 シューマッハーは、良い予選ポジションを決勝レースで活かしたかったと素直な気持ちを明かす一方で、チームを批判することはなかった。

「正直なところ、こういうことは起こるものなんだ」

 ピットストップ1回目について訊かれたシューマッハーはそう語った。

「残念なことに、手持ちのツールが思い通りにならないこともあるし、僕らはそれで数ポイント失った。僕らはトップ10に入れる位のまずまずなマシンを持っていたし、悔しいよ」

「もちろん、周りのマシンはもう少し速かったし、タイヤを上手く使えていた。それでも、彼らと比較しても僕らにはある程度競争力があったと感じられて良かった。ポイントという点で結果に結びつかなかったのは残念だ」

「繰り返しになるけど、こういうことは起こるし、ミスも起こる。残念なことに、今回は技術的なトラブルだった。誰のミスでもないよ」

「F1では全てが限界ギリギリを攻めている。だから残念なことに、時々ピットストップでそういうことが起きてしまうんだ」