F1オランダGPはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が勝利。しかしその裏で、同じレッドブルグループのドライバーである角田裕毅(アルファタウリ)に陰謀論が浴びせられた。これについて角田は、そういった動きを冗談めかしつつ一蹴にふしている。

 F1オランダGP決勝は、レッドブルのフェルスタッペンとメルセデス勢による、戦略も駆使した優勝争いが展開されていた。

 角田もポイントを争っていたが、レースも終盤に差し掛かろうという頃の、2度目のピットストップ後に”タイヤが正常に装着されていない”と訴え、マシンをコース脇に停止させた。ただチーム側からタイヤはしっかりと装着されているとの報告を受け、角田は低速でピットまでマシンを走らせた。そこでタイヤ交換を受けてコースに戻った角田だったが、彼は再び問題を報告。チーム側もマシンを停めるように指示を出し、角田は今度こそコース脇にマシンを停め、リタイアとなった。

 角田がコース上でマシンを止めたことによりバーチャル・セーフティカーが宣言され、形勢が有利に傾きつつあったルイス・ハミルトンとジョージ・ラッセルのメルセデス勢は割を食い、一方で厳しい状況に置かれていたフェルスタッペンの状況は好転した。

 こうした一連の流れに対してSNS上では、フェルスタッペンの母国優勝を援護するためにレッドブルとアルファタウリ両チームが画策したモノだとする陰謀論が浮上。角田やアルファタウリに、荒唐無稽な非難などが寄せられることになってしまった。

「まあ、ファンの人たちがいつもストーリーを作ってエキサイトしているのは面白いですよ」

 motorsport.comの取材に応えた角田は、陰謀論について聞かれるとそうコメントした。



「すぐにリヤに異変を感じて、最初はタイヤだと思ったんです。チームからは無線で安全な場所にクルマを止めるよう指示があったので、停車して電源も落とそうとしていました」

「ですが、チームからは問題が見つからなかったと言われ、再スタートしたんです。新しくタイヤを着け直したんですが、明らかに問題がまだ残っていると感じてました」

「チームには無線で間違いなく問題があると伝えました。それで、彼らも止まるように言ってきたんです」

「マシンに問題があったというのは極めてシンプルな事実であり、ディファレンシャルに問題があると確認しました」

「もちろん、あの状況は少し混乱を招いたと思います。ですがチームや僕、特にレッドブルに対してクレイジーなストーリーだと言う余地は無いと思います」

「僕はポイント獲得のチャンスのあるポジションを走っていましたからね。ですから、彼ら(レッドブル)を助けるだけの理由は何もありません」

 角田は陰謀論などを展開するファンに対しては、MRI検査を受けて脳に異常がないか確認したほうが良いと口にしている。

「知りたくもないし、気にしてもいません」

 角田は寄せられるファンからの不信について、そう語った。

「その人たちの頭の中がどうなっているか、見てみたいですね。彼らがどうやってストーリーを作っているのかは興味深いです」

「レッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリは全くの別チームです。まあ、他のチームと同じほど(全く別のチーム)ではないかもしれませんが、違う名前なんです」

「僕らはイタリアにいますし、彼らはイギリスにいます。全く異なる場所で戦っているんです」