WEC(FIA世界耐久選手権)第5戦富士6時間レースのフリー走行2回目が行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing 7号車がトップタイムをマークした。

 15時30分からスタートした90分のセッションは、サーキット上空が暗い雲に覆われたものの、雨粒が落ちてくることはなく、ドライコンディションで実施された。

 このセッションではトラックリミット違反が多発。警告や、一定時間の走行禁止などペナルティを受けるマシンが目立った。

 一方でトヨタの2台は順調に走行。7号車は、小林可夢偉がセッション序盤にステアリングを握り、1分29秒948をマーク。8号車も平川亮がマシンに乗り込み、2番手タイムを記録した後はドライバーを交代しながら周回を重ねた。

 これがデビュー2戦目となるプジョー9X8は、94号車がトヨタ2台から1秒ほど遅れての3番手。僚友93号車は5番手だ。ただ目立ったトラブルもなくマイレージを稼いだ。

 ポイントリーダーのアルピーヌ36号車はセッション中盤にタイムを更新し、プジョー勢に割って入る4番手となった。

 LMP2クラスは、ポイントリーダーのJOTA38号車がトップ。JOTAは28号車も2番手につけており、仕上がりの良さを伺わせた。

 LM-GTE ProクラスはFP1と同じく、AFコルセのフェラーリ51号車がトップタイム。ただ、ポルシェ勢も離されてはおらず、コルベット64号車も含め接戦が期待できそうだ。

 LM-GTE Amクラスのトップはアイアンデイムスのフェラーリ85号車。女性ドライバーのみで構成されたチームだ。777号車のD'Station Racingは8番手、木村武史がピンチヒッターで起用されたTEAM PROJECT1のポルシェ56号車は11番手となっている。