FIA世界耐久選手権(WEC)第5戦富士6時間レースが行なわれた。優勝したのは、トヨタの8号車GR010 HYBRID(セバスチャン・ブエミ/ブレンドン・ハートレー/平川亮組)だった。

 決勝日の富士スピードウェイはすっきりとした青空が広がる絶好のレース日和。気温は28度、路面温度44度というコンディションで、11時にスタートが切られた。

 ポールポジションのトヨタ7号車は小林可夢偉がスタートを決めて首位をキープ。セバスチャン・ブエミのトヨタ8号車もそれに続いた。

 トヨタの2台は、1秒前後のギャップを保ったまま順調に周回。3番手のアルピーヌ36号車は、性能調整でパワーが下げられた影響かストレートで伸びず、ジリジリと離されていった。次第に、プジョー94号車が36号車に接近。一方で93号車はバランスが悪いのか、94号車についていけず引き離されていった。

 レース開始1時間を前に、ハイパーカーのルーティーン・ピット作業が始まっていく。ここで37周でピットインした7号車は左側の2輪を交換。翌周にピットインした8号車も同様だ。一足先にピットに入っていた36号車は、プジョーの94号車にオーバーカットを許す形となった。

 レース中盤に差し掛かろうかという頃、トヨタ2台の位置関係にも変化が。7号車にペースが良い8号車が接近し、残り4時間20分のところでリーダーチェンジ。ランキング2番手につける8号車が前にでた。

 スタートから2時間が経過する頃、8号車はブレンドン・ハートレー、7号車はホセ・マリア・ロペスにドライバー交代。順調にレースをリードしていった。

 レース開始から2時間30分が経過し、週末をトラブルフリーで進めていたプジョーに悪夢が。アルピーヌと表彰台を争っていた94号車がマシン後部から白煙をあげ、ピットイン。これはオイルリークが原因だったようだが幸いダメージは大きくなく、20分ほどの作業で走行を再開。ただ15周遅れとなってしまった。

 さらに、レース開始から4時間が経とうという頃には、93号車も白煙を上げてピットへ。94号車と同様のトラブルだったようで、迅速に走行再開となったものの、トヨタ勢から6周遅れとなった。

 これでハイパーカークラスの大勢は決着。7号車は首位の8号車ほどのペースはなく、8号車の独走体制に。残り2時間を切り、8号車に平川亮が乗り込んだタイミングでは7号車のマイク・コンウェイに対するリードは38秒あったが、その後も8号車がリードを拡大していった。

 セーフティカーやフルコースイエローのないクリーンな展開となった今回のレース。トヨタ8号車は232周を走破し、トップチェッカーを受けた。

 2位はトヨタ7号車。8号車とはセットアップの違いにより差がついたものの、トヨタは3年ぶりの母国戦でワンツーフィニッシュを果たした。

 アルピーヌは3位。これでトヨタ8号車とは同ポイントで、11月の最終戦バーレーン8時間レースに臨むことになる。

 プジョー勢は、デビュー戦のモンツァと同様、2台ともにトラブルに見舞われる苦しいレースとなってしまった。