WRC(世界ラリー選手権)の第10戦アクロポリス・ラリー・ギリシャが開催され、ヒョンデのティエリー・ヌービルが優勝した。

 アクロポリス・ラリー・ギリシャはラフグラベル中心のラリーとして開催され、長い伝統を持つ一戦だ。

 イベントは大きく荒れた展開となり、まさにサバイバルといった様相。デイ3まで首位を走っていたセバスチャン・ローブ(Mスポーツ)が、オルタネーターの破損により無念のリタイアとなっている。

 その他にも上位陣にアクシデント頻発し、首位は最終日を前にヌービルに交代となった。2番手にオットー・タナク、3番手にはダニ・ソルドと、ヒョンデ勢がトップ3を占めた状態だ。

 ポイントランキング首位を走っているカッレ・ロバンペラ(トヨタ)はデイ3のSS9でコースオフした際に、マシンリヤにダメージを負ってしまい、修復が必要となり大きくタイムロス。総合19番手と優勝争いからは既に脱落した状態で最終日を迎えていた。

 最終日デイ4はSS14、SS15、パワーステージのSS16で構成。パワーステージを残した段階で、ヌービルが約30秒差を築いて首位に立ち、2番手タナク、3番手ソルドと、ここでもヒョンデがトップ3の状況が続いていた。

 パワーステージでこの差が覆ることはなく、しっかりとチェッカーに辿り着いたヌービルが優勝。2位はタナク、3位はソルドとなり、ヒョンデが表彰台を独占した。

 トヨタ勢は、デイ3でエサペッカ・ラッピにSS12で燃料系トラブルが発生し後退。最終日を前に唯一4番手と上位を走っていたエルフィン・エバンスも、マシントラブルからリタイアとなってしまうなど、受難のイベントになった。最終的にロバンペラは15位、ラッピは20位でフィニッシュしている。

 なおランキングでは、ロバンペラが207ポイントで変わらず首位をリード。ただ2番手のタナクは154ポイントとなり、ポイント差を縮めることに成功した。

 TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラムから参戦中の勝田貴元は、デイ3を7番手で終え、SS14で6番手に浮上。しかしパワーステージを前にトラブルがあったようで、苦しみながらパワーステージをフィニッシュ。最終的に6位でイベントを終えた。