F1第16戦イタリアGPでは、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が優勝し、フェラーリはシャルル・ルクレールが2位フィニッシュと地元戦優勝を果たせず。チーム代表のマッティア・ビノットは終盤のセーフティカー出動後の処理について、レースコントロールは「もっと良い仕事ができたはずだ」と批判している。

 決勝レースでは、残り6周という終盤でダニエル・リカルド(マクラーレン)がトラブルによりコース脇にマシンをストップ。リカルドがマシンを停止させた後、レースはセーフティカーが出動した。

 レース再開にはあまり時間はかからないかと思われたが、マシンのギヤが入っていたことから回収に手間取り、さらにセーフティカーがレースリーダーのフェルスタッペンではなく、3番手のジョージ・ラッセル(メルセデス)の前に入ったことで、整列には時間がかかってしまった。

 結局レースは最終ラップまでに再開されることなく、SC先導でフィニッシュ。ルクレールはこのとき2番手で逆転の可能性が生まれたと思われていたが、バトルに発展することはないままレースを終えることとなった。

 この幕切れにモンツァに集まったファンからはブーイングも発生。こうした状況下で再スタートを確実に行なうため、今後に向けて赤旗中断するというアイデアを再検討するように求める声もあがっている。



 一方でビノット代表は現在のルール自体は機能していると考えている。ただし今回の出来事では、FIAがもっと上手く処理することができたはずだと主張している。

「ルールを変更する問題ではないと思う」とビノットは言う。

「ルールは既に議論されて来た。特に昨年のアブダビGPの後はね」

「FIA、F1そしてチームが議論を行ない、おそらく現在のフォーマットを維持することが正しいという結論に達した。そのため、今日の件はレギュレーションの問題ではないと思う」

「彼らが決断を下すのに長い時間がかかったことには、ガッカリしている。なぜあれほど長く、セーフティカーとラップリーダーの間のマシンをリリースするのに時間がかかったのか、理解できない」

 ビノット代表は、より速く、コース上で正しいオーダーで整列ができたのではないかと考えている。

「安全性が(整列の遅れた)正当な理由になれるとは思わない」

「レギュレーションには最小ラップタイムが定めされているため、ドライバーは全力で走ることはできない」

「このラップタイムは、彼らが安全に走れることを確実にするためにある。だからこそ理解できないのは、正しいと考えている現在のレギュレーションで、何故彼らが決断に長い時間がかかったかなんだ」

 FIAはレース再開に至らなかった理由について、リカルドのマシンのギヤがスタックしていたことを挙げている。ビノット代表はそうした説明を受け入れるかと尋ねられたが、彼は次のように答えた。

「ああ、私もそのことは受け入れようと思う。複雑な事情があったのだろう」

「それとは別に、セーフティカーが出動した際にレースリスタートへ向けて隊列全体の順序を整理するために、もっと良い仕事ができたと思う。しかし、そうはならなかった」

「シンプルに間違っていたと思うし、我々はレギュレーション変更無しに、より上手くできたと思う。レギュレーションは既にあるし、あとはそれをより良い形で適応していくだけの問題なんだ」