2022年のFIA F2を圧倒的な強さで制したフェリペ・ドルゴビッチ(MPモータースポーツ)が、アストンマーチンの若手ドライバー開発プログラムに加入したことが発表された。ドルゴビッチは同時にアストンマーチンのリザーブドライバーにも就任し、今季最終戦アブダビGPのFP1で、AMR22のステアリングを握ることになる。

 ドルゴビッチは2022年のFIA F2で、シーズンを通して安定した強さを発揮。ここまで5勝を挙げ、モンツァで行なわれたスプリントレースを終えた時点で、3レースを残して今季のチャンピオン獲得を決めた。

 ただドルゴビッチは、これまでいずれのF1チームの育成プログラムにも所属しておらず、来季以降の去就に注目が集まっていた。

 そんな中アストンマーチンF1は、9月12日(月)にプレスリリースを発表。ドルゴビッチが若手ドライバー開発プログラムに参加し、今季最終戦のF1アブダビGPのFP1でグランプリセッションデビューを果たすことを明らかにした。

 さらにドルゴビッチは今シーズン終了後に行なわれるアブダビでのポストシーズンテストにも参加。2023年は、フェルナンド・アロンソとランス・ストロールをサポートするリザーブドライバーの役割を務めるという。

「アストンマーチンF1ドライバー開発プログラムのメンバーになれることは、僕にとって素晴らしいチャンスであり、非常に楽しく、成功した2022年シーズンをさらに充実させるものだ」

 ドルゴビッチはそう語った。

「F2でチャンピオンになることは、F1でのキャリアの最高の出発点であると長い間考えられてきた。そしてアストンマーチンF1での僕の役割は、その重要な次のステップに進むための、全てのツールを提供することだと考えている」

「僕にとって、2023年は学ぶ年になるだろう。F1チームと一緒に仕事をすることになるが、僕の主な目標はドライバーとして学び、成長していくことだ。将来、F1でレースをするチャンスが得られることを願っている」

 アストンマーチンF1のチーム代表であるマイク・クラックも次のように語り、ドルゴビッチの加入を歓迎した。

「フェリペは今季のFIA F2でチャンピオンになるため、信じられないほどの才能、決意、一貫性を示してきた」

 そうクラック代表は語る。

「5月のバルセロナで、スプリントレースとフィーチャーレースの両方を制したことは、特に印象的だった」

「彼が我々のドライバー開発プログラムのメンバーとして加わってくれることを嬉しく思う。11月のアブダビで、彼をチームの一員として迎えることを楽しみにしている」

 アストンマーチンのエクゼクティブ・チェアマンであるローレンス・ストロールも、若手ドライバー開発プログラムの設立は、「次世代のレーシングドライバーを育成する、素晴らしい手段」であると説明した。

「我々は今年のF2でのフェリペの成功への道筋を見て、賞賛してきた。彼のキャリアの次のステップに進むために、必要な全てのスキルと経験を彼に提供することを目指している」

 そうストロールは語った。

「もし彼がF1ドライバーになり、エマーソン・フィッティパルディやアイルトン・セナのような偉大なブラジル人ドライバーの殿堂入りを果たすことになれば、それが究極の証明になるだろう」