ハースのチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、ニコ・ヒュルケンベルグも来季のドライバー候補のひとりであると認めた。

 ハースは来季のドライバーについて、既にケビン・マグヌッセンとは契約を締結済み。しかし、ミック・シューマッハーはフェラーリの育成プログラムを外れると見られていて、ハースでの契約も不透明な状況になっている。

 ハースのチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、来季のドライバーラインアップ決定を急ぐつもりはないと常々語ってきたが、現在多くのドライバーと話し合いを行なっているという。そして、今季代役としてアストンマーチンから2レースに参戦したニコ・ヒュルケンベルグも、候補のひとりであると認めた。

「スーパーライセンスを持つ全員が、候補のリストに載っている」

 シュタイナー代表はそうmotorsport.comに語った。

「彼はスーパーライセンスを手にしていて、F1を走った経験もある。だから他の全てのドライバーと同じように、候補のひとりだと思う」

「つまり、ドライバーラインアップを変更したいと思っても、現在レースをしている人で手に入れられる人物は誰もいないということだ。最善の決断が何であるかを、確認する必要がある」

 ヒュルケンベルグは、アルピーヌの候補のひとりにもなっていると考えられている。しかしある情報源によれば、今季FIA F2に参戦中のジャック・ドゥーハンがF1デビューに近づきつつあるという噂もあるようだ。

 なおイタリアGPのFP1では、PU供給元であるフェラーリ育成ドライバーのアントニオ・ジョビナッツィがハースのマシンを走らせたため、来季のドライバー候補最有力なのではないかと見る向きもある。

 ジョビナッツィはアメリカGPのFP1でも走る予定だが、シュタイナーはこれらのフリー走行が来季のシートに直接繋がるわけではなく、フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノット代表の意向に好意的に同意しただけだと主張する。

「皆さんは深く考えすぎている」

 ジョビナッツィについて、シュタイナー代表はそう語った。

「フェラーリが我々に彼をリザーブドライバーとして起用するように頼んだのは、『今、彼をテストして結論を出す必要がある』ということではなかった」

「彼は非常に良い仕事をしてくれた。彼が今のレギュレーションのマシンを走らせたのは、これが初めてだが、すぐに乗りこなしていた。彼は非常に良かった」

「クルマが良いというのを見るのは良いことだ。なぜなら、1年もF1に乗っていないドライバーがこれほど走れるなら、クルマがそれほど悪くないはずだからだ」

 当のジョビナッツィは今季はフォーミュラEに参戦、大苦戦した。しかし来シーズンはF1に戻りたいと明言している。

「今年はドライバー市場などその他の全ても含めて、本当に混乱した状況になっている。どうなるかは分からない」

 ジョビナッツィはそう語った。

「来年は絶対にここにいたい。それは秘密でもなんでもないが、僕の手に委ねられているわけでもない。だから、何ができるかを見てみたいと思う。僕は、2回のFP1で素晴らしい仕事をすることに集中している。1回は既に完了した。あともう1回残っている」

 リザーブドライバーのピエトロ・フィッティパルティも、候補のひとりと見られており、複数の情報源によれば、彼の去就はスポンサー契約とも結びついているという。

 今季は各チームとも、シーズン中2回のFP1で、ルーキードライバーを走らせなければならない。しかしハースはまだこれを1度も消化していない状態だ。ただフィッティパルディは2020年の終盤2戦で決勝に出走したのみであり、ルーキードライバーとしての資格を今も満たしている。