9月23〜25日に栃木県のモビリティリゾートもてぎで行われる、2022 FIM MotoGP 世界選手権シリーズ第16戦 MOTUL 日本グランプリ。その決勝レース日となる25日(日)に、航空自衛隊松島基地所属の“F-2B 戦闘機”による歓迎フライトが実施されることが公表された。

 F-2Bは米国の戦闘機F-16をベースとして、日米の共同開発によって生み出された戦闘機だ。

 そのF-2Bによる歓迎フライトは25日(日)のMotoGPクラス決勝レース開始(15:00)前にレーシングコース上空を飛行する予定となっている。なお飛行を担当するのは航空自衛隊松島基地の第4航空団だ。

 F-2戦闘機による歓迎フライトは、前回の日本GPが開催された2019年にも行なわれた。日本GPは新型コロナウイルスのパンデミックの影響から2年連続で開催中止となり、今年が3年ぶりの開催となっているが、そこに再び華を添えてくれそうだ。

 ただ、天候や視界不良、その他理由によってフライトが中止になる場合もあるとのことなので、ご注意を。

 なお、MotoGP日本GPの観戦チケットは現在好評発売中。チケット詳細などの詳しい情報は公式ホームページ(https://www.mr-motegi.jp/motogp/)まで。