2024年シーズンのFIA世界耐久選手権(WEC)とIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権(IMSA)に向けて、フランスのレーシングカーコンストラクターであるリジェ・オートモティブとLMDh車両を共同開発しているランボルギーニは、9月20日(月)にマシンのティザーイメージを公開。同時に搭載されるパワートレインの最初の情報が発表された。

 LMDh車両に搭載される内燃エンジンは、2013年に設立された社内モータースポーツ部門「ランボルギーニ・スクアドラ・コルセ」による初の新設計のモノだ。

 ただ、ウラカンGT3やスーパートロフェオのワンメイクマシンに搭載されている市販車ベースのV10エンジンとは異なり、90度のバンク角が付けられたV型8気筒ツインターボエンジンがLMDh車両のパワートレインに採用される。排気量は4リッター程度だとされ、エンジン重量はレギュレーションで定められている最低重量の180kgを予定しているという。

 その新開発のV8エンジンには、ボッシュ・モータースポーツ製のMGU、ウイリアムズ・アドバンスド・エンジニアリング製のエナジーストレージ、Xtrac製の7速ハイブリッドギヤボックスが組み合わされる。

 ハイブリッドシステム合計の最高出力は、480〜520kWというLMDhとLMH車両のレギュレーションで定められている範囲のちょうど中間にあたる500kW(680PS)。最高時速は340km/hに達するという。

 車両サイズは全長5100×全幅2000、ホイールベースは3148mmとクラス最大。車重はLMDh車両で定められている最低重量である1030kgとなっている。



 ランボルギーニは新しいLMDh車両の名称を公開しておらず、さらなる車両の詳細は2023年春に予定されている走行テスト前のお披露目までは期待できない。

 LMDhプログラムの開発ドライバーには、長年ファクトリードライバーを務めてきたミルコ・ボルトロッティとアンドレア・カルダレッリがまず選出され、車両開発を牽引している。

 ランボルギーニは、このLMDh車両をWECのハイパーカークラスとIMSAのGTPクラスに投入するとしているが、どのチームが走らせるのかなど詳細は明らかになっていない。

 LMDhプログラムに関する声明でランボルギーニは、フォルクスワーゲン・グループ傘下のブランドとして、ラテン語で”雄牛の心臓”を意味するCor Tauriと呼ばれる戦略のもと、市販車領域におけるハイブリッド化を推進していくと強調。「ハイブリッド推進を目指しモータースポーツの世界に足を踏み入れることは、ランボルギーニのハイブリッドへの移行と完全に一致する」と述べていた。