スクーデリア・アルファタウリは9月22日、チームに所属する日本人ドライバーの角田裕毅が2023年シーズンも残留することを発表した。

 角田は2020年のFIA F2でランキング3位という好成績を残すと、2021年にアルファタウリからF1デビュー。デビュー戦で9位に入るなど鮮烈な印象を残し、現在は2年目。今季はチームとして昨年よりも苦戦している状況だが、角田は現在11ポイントを獲得してランキング16番手につけている。

 そんな角田は母国でのF1日本GP開催を前に、2023年もチームに残留することが決定。F1で3年目のシーズンを送ることとなる。

 角田はプレスリリースに次のようにコメントを寄せた。

「今後もF1で走るという機会を与えてくれたレッドブル、ホンダ、そしてスクーデリア・アルファタウリに心から感謝します」

「昨年、ファクトリーに近いイタリアに移ったことで、チームの一員であるとより実感できていますし、2023年も彼らとレースができることを嬉しく思います」

「もちろん、2022年シーズンはまだ終わってしませんし、中団でのバトルで激しくプッシュして行きます。最高の形でシーズンを終え、来年を迎えるために全力を注ぎます」