現在アルファタウリからF1に参戦しているピエール・ガスリーは、来季以降の去就が注目されている状況にある。ガスリーとしては、今後2〜3週間でしっかりとした答えを得られることを期待しているという。

 ガスリーは既に2023年のアルファタウリ残留が発表されているが、アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルが引退を表明し、アルピーヌのフェルナンド・アロンソが後任として移籍することが決まったことでドライバー市場が大きく動くこととなり、ガスリーもその波に飲み込まれていった。

 アルピーヌはガスリー獲得を目論んでおり、そこ絡んで様々な噂が持ち上った。レッドブルはガスリーのアルピーヌ移籍を容認しつつも、適切な後任が確保された場合のみそれを受け入れるとしている。

 当初、レッドブルはインディーカー・シリーズに参戦しているコルトン・ハータをアルファタウリのドライバーとして起用することを考えていたが、スーパーライセンスが特例で発給されることは叶わず、これは断念された。

 その後、ニック・デ・フリーズがイタリアGPで衝撃的なF1デビューを果たすと、今度は彼がガスリーの後任になるのではないかという可能性が出てきた。

 9月末のシンガポールGP開幕を前に会見でガスリーは、2023年以降に関する情報について問われると次のようにコメントし、今後2〜3週間で明らかになることを期待していると話した。

「進んでいる議論や話し合いについてはみんな知っているだろうけど、僕としては今後2〜3週間で将来に関する明確な答えを得られるはずだと期待している」

「でもこれまでのところ、何も変化はない。何か僕の将来について決まったら、みんなも知るところになるだろう!」

 なおアルファタウリは今週末のシンガポールGPでアップデートを投入する予定となっている。

 ガスリーはこのアップデートにより、チームの“低ダウンフォースのコースでは少し競争力がある”という傾向が逆転されることを期待していると話した。

「スパは良かったし、モンツァでも良い感じだった」

「でも(シンガポールのような)ハイダウンフォースのコースでは全て、ちょっと苦戦しているんだ」

「だから今週末持ち込まれるアップデートで、それを少しでも変えられればと期待している。マクラーレンがこうしたコンディションで速いことはわかっているし、アルピーヌもアストンマーチンも速いんだ」

「何か特定の期待を抱いているわけじゃないけど、アップデートでより速さを発揮できればと思う。そうなれば、ポイントを争うチャンスがあると思う」

 ガスリーはアルファタウリの今シーズンの当面の目標に関しては、ランキング7番手のハースを破ることになると考えている。ただ、状況が整えば、ランキング6番手のアルファロメオを捕まえることも期待しているという。

「ポジティブで居続けることは重要だし、シーズン終了まで建設的でありつづけることが大事だ」

「チームがランキングで7番手を争っている時というのは、一部の人にとってそれは取るに足らないことかもしれない。でも、次のシーズンに向けた資金に向けてはとても重要なんだ」

「だから目標は明確だ。少なくとも、ハースを捕まえることだ。アルファロメは16戦を終えて19ポイント差があることを考えれば、大変なことは確かだ。でも、不可能なことは何もない」

「過去にそうだったように、何か本当に強力な結果が一度でも得られれば、その可能性はあるんだ」

「間違いなく、ハースを抜くことが目標だ。そして(最終戦の)アブダビで、僕らの目指すところが分かってくるだろう」