F1メキシコシティGPで勝利したマックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、F1におけるシーズン中の史上最多優勝記録を更新。彼もこの結果を誇りに思っていると語った。

 日本GPで2年連続のチャンピオンとなったフェルスタッペンは、メキシコシティGPである期待が寄せられていた。それがシーズン史上最多優勝記録の更新だ。

 これまでの最多記録は、ミハエル・シューマッハー(2004年)、セバスチャン・ベッテル(2013年)の年間13勝。そしてフェルスタッペンはアメリカGPで13勝目を挙げたことで、2022年中に最多記録を更新する可能性が高いと思われていた。

 迎えたメキシコシティGPでフェルスタッペンはライバルのメルセデス勢を振り切って、苦戦することなく14勝目を達成。最多優勝記録を更新した。

 フェルスタッペンも、この結果を誇りに思っていると語った。

「チームとしても、信じられないようなシーズンになっている」

「1年で14勝も挙げられるとは思っても見なかった。もちろん、ものすごく誇りに思っている」

 フェルスタッペンはこれまで、最多優勝記録更新を視野に入れつつも、あまり重要視してこなかった。その際は年間のレース数の違いも指摘していた(シューマッハーは年間18戦、ベッテルは年間19戦/2022年は年間22戦)。

 ”14勝目”を挙げたフェルスタッペンに、そうしたアプローチは記録に集中を奪われないようにするためだったのかと聞くと、彼は次のように答えた。

「僕はこの瞬間をただ大事にしているんだ」

「毎週末、自分にできるベストを尽くそうとしているだけなんだ。レースでは勝利を目指しているけど、それが僕にとっては最も重要なことだ。家に帰り、最大限の力かそれに近いモノを発揮できたと自分に言えれば、それで幸せだ」

「もちろん、F1ではその多くがマシンパッケージに左右される。そうだろう? そして僕らは素晴らしいパッケージを手にしていて、この瞬間を楽しめている」

「僕は記録や統計についてはそれほど興味は無いよ。たしかに今年は素晴らしいシーズンになっているし、たくさんのレースを勝てていることはとても嬉しいけどね」

 なお記録を更新されてしまったベッテルは、親友であり師匠でもあるシューマッハーと共有した記録を失うことに後悔はないと主張。自身の古巣であるレッドブルにとっても良いことだと話し、フェルスタッペンの記録更新を称賛した。

「チームにとってはいいことだと思う。彼らにとっても、マックスにとっても、本当に喜ばしいことだ」

「よくやったよ。彼はとんでもないシーズンを送ってきたと思うから、今年の終わりには16勝をマークしてほしいね! それ以外は全て残念に思うんじゃないかな?」

 ベッテルは、このレベルで成功を維持することは「簡単なことではない」と語る。

「でも、彼らは昨年から勢いがあったと思うし、今年のマシンはすごいよ。他の人たちよりもマシンが重いのに、レースに勝っていたんだ」

「今頃はもうウエイトも軽くなっていると思う。だから、クルマも素晴らしいけど、マックスもすごい仕事をしているんだ」