2022年のMotoGP最終戦バレンシアGPがリカルド・トルモ・サーキットで開幕。初日のフリー走行2回目で最速となったのは、VR46のルカ・マリーニだった。

 バレンシアGPの注目はフランチェスコ・バニャイヤ(ドゥカティ)とファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)のタイトル争いの行方となっているが、FP1はクアルタラロが首位発進。逆転タイトル獲得に向けて一縷の望みをかけていいスタートを切った。

 FP2になり気温は上昇し24℃、路面温度が36℃というコンディションでセッションが開始された。

 各ライダーが走行を開始させていくが、序盤5分でヤマハのフランコ・モルビデリが転倒。ファビオ・ディ・ジャンアントニオ(グレシーニ)も転倒し、さらにマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)も転倒とFP2は落ち着きのない序盤となった。

 なおマルケスはFP1でも転倒。FP2でも引き続き”恐竜”スタイルのリヤウイングを装備して走っていたが、またしても転倒してしまった。

 10分が経過する頃、アレイシ・エスパルガロ(アプリリア)もターン5で転倒。エスパルガロはエネア・バスティアニーニ(グレシーニ)とランキング3位を僅差で競っているため、こうした転倒で走行時間を減らしてしまうのは避けたいところだろう。

 転倒が頻発する中、クアルタラロはFP1の自己ベストを早くも更新。1分31秒149をマークし、FP2暫定トップとしていた。

 一方でバニャイヤは自己ベストを更新してはいるものの、トップ10に入れない位置となっており、後半にかけて改善が求められるポジションにとどまっていた。

 FP2が後半に入った頃、ルカ・マリーニ(VR46)が1分31秒110をマークし暫定トップタイムを更新。その後バニャイヤもトップ10以内に入るタイムを記録するなど、徐々にペースをあげ始めた。

 終盤のタイムアタックが始まると、ジャック・ミラー(ドゥカティ)が最初に1分30秒608でこの日最初の1分30秒台をマーク。暫定トップタイムを更新した。

 ただアタック合戦がFP2終了まで続いた結果、このミラーのタイムも次々と塗り替えられていった。

 最終的にFP2トップタイムとなったのは、1分30秒217を記録したマリーニだ。2番手にはホルヘ・マルティン(プラマック)、そして3番手にはミラーが入った。なお初日の総合トップ10はFP2の上位10台と同じオーダーとなっている。

 注目のタイトル争いのふたりだが、クアルタラロは8番手タイム。バニャイヤは出だしこそ悪かったがしっかりと改善し、わずか0.005秒差の9番手に続いた。

 またMotoGPから撤退するため今回が最後のレースとなっているスズキは、アレックス・リンスが11番手、ジョアン・ミルが14番手タイムとなった。

 怪我で欠場が続き、今回3戦ぶりのレースとなっている中上貴晶(LCRホンダ)は、23番手タイムだ。