2022スーパーGT第8戦(最終戦)の公式予選がモビリティリゾートもてぎで行なわれた。GT300クラスのポールポジションを獲得したのは、55号車ARTA NSX GT3だった。

 今季のスーパーGTもいよいよ最終ラウンドとなったが、GT300クラスでタイトル獲得の可能性を残しているのは、6台10名のドライバー。中でも藤波清斗、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ組(56号車リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-R/52点)、井口卓人、山内英輝組(61号車SUBARU BRZ R&D SPORT/49.5点)、大草りき(10号車TANAX GAINER GT-R/46点)のランキングトップ3は、いずれも自力でのタイトル獲得が可能であり、結末を予想するのは難しい状況だ。

 予選はドライコンディションで14時20分にスタート。Q1のA組には56号車リアライズら14台が出走したが、トップで通過したのは10号車GAINERの富田竜一郎。富田は1戦を欠場した関係でシリーズタイトルは獲得できないが、相方の大草のルーキーチャンプを後押しすべく、これ以上ない形でバトンを繋いだ。

 2番手に肉薄したのは、56号車の藤波。こちらも順調にQ2に駒を進めた。一方でトップと17ポイント差でタイトルの可能性を残している11号車GAINER TANAX GT-Rの安田裕信、石川京侍組は11番手で敗退。逆転には優勝が絶対条件だが、厳しい状況に置かれた。

 続くQ1のB組は、タイトル争いの主役の1台である61号車SUBARUが登場。61号車は井口卓人のドライブで3番手通過し、こちらも順調にQ2進出を果たした。トップタイムは18号車UPGARAGE NSX GT3の1分45秒351で、そこに65号車LEON PYRAMID AMGが続いた。

 そしてQ2ではまさかの波乱が。好ペースで飛ばしながらターゲットタイムを出そうとしていた61号車の山内が、最終コーナー外側の縁石に乗った後スピン。イン側のウォールにクラッシュした山内は、マシンを降りてうなだれた。これにより予選16番手となった61号車は、タイトル争いで一転して窮地に立たされた。

 61号車のクラッシュにより赤旗が出された後、Q2は残り5分という段階から再開。ここで速さを見せたのが18号車UPGARAGEの太田格之進で、1分45秒121をマークしてトップに立った。しかし55号車ARTAを駆る木村偉織がそれを上回るペースで周回し、1分44秒798をマーク。これでポールポジションを手中に収めた。55号車は今季ここまでトラブルやペナルティで苦しいレースが続いていただけに、マシンを降りた木村はインタビューの際に人目もはばからず号泣した。

 56号車リアライズは7番手、10号車は8番手と、タイトルを争うGT-R勢は手堅くトップ10に食い込んだ。上記2台に対して、後方から追い上げるBRZの逆転はあるのか? それとも、65号車LEONらわずかながらタイトルの可能性を残す陣営の逆転はあるのか? 注目の決勝レースは11月6日(日)の13時にスタートする。