スーパーGT最終戦もてぎの予選のGT500クラスは100号車STANLEY NSX-GT(山本尚貴/牧野任祐)ポールポジションを獲得。記者会見に出席し、次のように語った。

■山本尚貴

「あまり予選でこんなに喜んだことはないくらい、ものすごく興奮しました。この大事な一戦で、ここまでなかなか上手くいかなかった中で、この最終戦、このタイミングでポールポジションを獲ることができて、ドライバーふたりもそうですけど、チームとして強さを見せることができました」

「会心のポールポジションだったと思います。今までのGT500のポールポジションの中でも、一番嬉しかったなというくらい、最高のポールポジションでした」

「(——ポール争いの手応えは予選前から感じていたか?)正直、ポールを獲れるという感覚は最後まで無かったですね。調子は悪くないと思っていましたが、自分たちがちゃんと最後調整しきれるかどうかにもかかっています。そして、周りがどれだけこの予選にかけて合わせこんでくるかというところは、いくら自分たちの調子が良くても順番はついてしまうものです」

「正直、ポールを獲るということはかなりハードルが高いと思っていました。特に今年はヨコハマ勢とかブリヂストンユーザー以外のクルマがポールポジションを量産していたので、一発に関しては正直ちょっと劣っている部分を感じていました」

「牧野選手も最後は19号車(WedsSport ADVAN GR Supra)とのポール争いになるかなと自分でも分析していたので、かなりキツいとは思っていました。19号車が最初にトップタイムを出してきた時には、結構マズいなと思いましたが、セクター1で赤を点けた瞬間に『こいつはいける!』と思いました。ただ、最後の最後まで気が抜けなかったというのが本音です」

「(——最後までタイヤを持たせることが課題としてきたが)調子はそんなに悪くありません。むしろショートランよりもロングランの方が分がありそうですが、それも明日のコンディションに合うかどうかはまた別の話なので、明日はそのコンディションにしっかりとクルマを合わせるということが大事なことのひとつです」

「あとは冷静に周りを見ると、実質チャンピオンを直接的に争っている12号車(カルソニック IMPUL Z)と3号車(CRAFTSPORTS MOTUL Z)が真後ろにいます。Q2のアタックのタイミングを見ても、3号車のウォームアップは早いと思うので、明日のスタートで仕掛けてくる可能性は大いにあります。12号車も失うものはないという勢いのあるドライバーふたりですし、そういうチームです」

「そこはしっかりと警戒しつつも、もてぎで大事なポールを獲るということはチームとして完了できたので、もう逃げ切るだけですね。もう僕らは勝ってもGT500チャンピオンの可能性はゼロなので、ふたりで勝ってみんなと笑顔で終えたい。それを一番に考えてレースをしたいなと思います」

■牧野任祐

「純粋にポールポジション獲れて本当に嬉しいです。前戦のオートポリスではギリギリ獲れなかったので、その悔しい思いがありました。ただそう思っていたんですけど、Q1の尚貴さんのタイムを見た時は『勘弁してくれよ……』と思っていたんですけども、本当にホッとしています」

「ちょっと叫びすぎて喉が痛いですけど、めちゃくちゃ嬉しかったです」

「(——アタックではウォームアップが山本より1周多かったことについては)正直、プラン通りでした。今週、僕は専有(走行)に行きましたが、その時も計測2周行って2周目がベストだったので、Q2みたいなアタックになりました。それで感触を確かめながら、最後の2周だけ行くということは決めていました」

「それは本当にプラン通りでした。路面温度とは関係なく、尚貴さんと僕のアタックの仕方の違いだったかなという感じです」

「(——ポール争いの手応えは予選前から感じていたか?)(山本の答えと)一緒です。本当にブリヂストンさんにポールをプレゼントできて良かったです」

「(——決勝への意気込みについては)チャンピオンシップもありますが、先程尚貴さんも言っていたように、まずは勝って良いシーズンの締めくくりをできればいいかなと思います。その後どうなるかは分かりませんが、まずは勝てるかだと思います」