MotoGPの2022年シーズンは最終戦バレンシアGPを迎え、ランキング2番手のファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)とランキング首位フランチェスコ・バニャイヤ(ドゥカティ)とがタイトル獲得を争う、まさに最終決戦となった。しかし、クアルタラロは23ポイント差をつけられているため、チャンピオン獲得には厳しい条件をクリアする必要がある。

 この状況についてマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)は、決勝レースでクアルタラロが接触してきたとしても「理解できる」と語っている。

 クアルタラロは4番手スタートと、8番手のバニャイヤをグリッド上では先行する形となった。しかし、クアルタラロがタイトルを獲得するためにはレース勝利が絶対条件。一方でバニャイヤは、14位以上でフィニッシュすれば、クアルタラロの順位に関係なくタイトルを獲得できるという状況だ。

 2番手スタートのマルケスは、窮地に立たされているクアルタラロは「アグレッシブに」攻めてくるはずだと語り、クアルタラロが他のライダーと接触しないことを望むものの、仮にクラッシュとなった場合でもその気持ちは理解できると考えている。

 マルケスは次のように語る。

「ファビオが決勝ではかなりプッシュしてくると思うし、そうするに違いない。彼がもし転倒して他のライダー、僕にぶつかってきたとしても、僕は理解できるよ」

「そうなることは望まないけど、その気持ちは分かるんだ。彼はこのレースだけのために戦っているんじゃなくて、チャンピオンシップを目指して戦っているんだからね」

「彼が賢いことは理解しているけど、ノーミスで仕事をこなす必要があるし、攻めてくるはずだ。特にドゥカティのライダーはペッコ(編注:バニャイヤの愛称)を援護することが最優先だから、全員でプッシュしてくるだろう」

「でも僕も良いレースがしたい。僕にとってはそういうのとは別のレースにはなるが、明日はペッコとファビオのふたりが主役……みんなこのふたりに注目するだろうね」

 また予選で3戦連続のポールポジションを獲得したホルヘ・マルティン(プラマック・ドゥカティ)もマルケス同様に、クアルタラロがアグレッシブに攻めてくると予想している。

 オープニングラップでのターン1はどうなるかと訊かれたマルティンは、次のように答えている。

「スタート次第だね。もちろん、僕も良いスタートを切りたいけど、ファビオがアグレッシブに攻めてくるということはみんな分かっている」

「彼が他のライダーに突っ込まないことを願うばかりだし、それが唯一望むことだ。みんなアグレッシブに攻めてくるし、誰にとっても同じことだ」

「もちろん、僕は常に気をつけているし、ファビオとペッコに対してはいつも慎重だった。ペッコとファビオだけのことじゃなくて、僕は常にクリーンなレースをすることを心がけている。もちろん、僕が彼らの立場ならアグレッシブに攻めるはずだし、決勝で彼らには注意を払う必要があるね」

 バニャイヤのチームメイトで、決勝レースを3番手から迎えるジャック・ミラーは、いつもと変わらないレースにしたいと語り、MotoGPはチームオーダー無しの”個人競技”だとしてバニャイヤを手助けすることはないと示唆した。

「結局のところ、誰にもぶつかりたくはないし、それは僕らの目的じゃない」

「でも、結局は個人競技なんだ。レースをするなら、前戦かカタールみたいなレースになるよ」

「バイクでレースをするが、常に注意は払うものだ。誤解してほしくないのは、僕は誰にもぶつかりたくないし、わざとそうやったりはしないということ。それは確かだよ」

 ミラーは前戦マレーシアGPでは予選で苦戦。14番手からスタートし6位フィニッシュを果たした。ドゥカティでの最後のレースとなるバレンシアGPでは、中盤の”カオス”に巻き込まれたマレーシアGPよりも悪くなることはないと語っている。