MotoGP2022年シーズン最終戦バレンシアGPのMoto2クラス決勝レースが行なわれた。最終戦までもつれ込んだタイトル争いは、最終的にアウグスト・フェルナンデス(Red Bull KTM Ajo)がチャンピオンに輝いた。

 小椋は今シーズン、スペインGPでMoto2クラス初優勝を達成。安定した成績を武器に徐々にランキング争いに絡んでいくと、終盤戦は日本GPでも勝利し、タイトル争いはアウグスト・フェルナンデスとの一騎打ちとなっていた。

 バレンシアGPには9.5ポイントのビハインドを背負って挑んでいたが、小椋は5番グリッドからスタートすると、序盤は2番手を走行。フェルナンデスのポジション次第では戴冠の可能性があった。

 しかし小椋はフェルナンデスのチームメイトであるペドロ・アコスタとのバトルが続いていた8周目に、ターン11で転倒を喫してしまった。

 小椋はコースへ戻ることができず、ここでリタイア。この時点で2022年のMoto2クラスチャンピオンは、アウグスト・フェルナンデスに決定した。なお小椋は最終戦ノーポイントが決まったものの、ランキング2位が確定している。

 日本人ライダーのロードレース世界選手権におけるチャンピオン獲得は、2009年250ccクラスの青山博一が最後。2023年もMoto2クラスに残留する小椋は来季、14年ぶりの日本人チャンピオンを目指すことになる。