リカルド・トルモ・サーキットで行なわれた2022年シーズンのMotoGP最終戦バレンシアGP。スズキのアレックス・リンスは5番手から決勝レースを迎え、1周目のターン1で一気にトップに躍り出ると、27周のレースを終始リードし、今季2勝目を挙げた。

 今季限りでのMotoGP撤退が決定しているスズキにとっては、バレンシアGPがラストレース。それをリンスが完勝して、別れに華を添えた。

 リンスは2017年にスズキからMotoGPへ昇格すると、以降はスズキ一筋。6シーズンで5勝を含む17回の表彰台を獲得し、バレンシアGPが自身の最高峰クラス99戦目となった。チームに対して大きな思い入れがあるリンスとしては、スズキでのラストレースという事実に涙を禁じ得なかったようだ。

 バレンシアGP優勝後、リンスはグリッド上でその気持ちに打ちのめされ、レースを走らなければと「自分に言い聞かせる」必要があったと明かした。

「このような形でシーズンを締めくくることができたのは、素晴らしいことだ」

 そうリンスは言う。

「スズキはこのスポーツから去っていくが、僕はこれ以上ないほど良い形で大団円を迎えることができた。最初から最後まで上手くいったが、今回はマネージメントが難しいレースになった」

「まず、今週末の感情を切り離す必要があった。予選はとても重要で、5番手と良い結果を得られた」

「集中するのが大変だった。グリッドでマシンとメカニックを見たら、泣かないでいるのはムリだったんだ」

「感情が溢れ出したよ。だから僕は自分自身に『まだレースは残っているんだ』と言い聞かせる必要があったんだ」

「僕は素晴らしいスタートを切って、ターン1でトップに立った。ホルヘ(マルティン/プラマック)はとても速くて、ブラッド(ビンダー/KTM)は終盤速かった」

「どんなミスも許されないし、自分のラインを走ってタイヤをコントロールする必要があった」

「僕らスズキは勝てるということを証明できた。第4戦でチームが選手権から離れるという決断が下されたが、僕は全てを出し切り、今回はそれが上手くいったんだ」

 リンスはまた、チームでのラストウィンの後「チームのみんながとても喜んでくれて、泣いている姿を見て特別な気持ちになった」と語った。

 そしてリンスはバレンシアGPを制したマシンを贈ってくれるよう、チームに頼むつもりだという。

「間違いなく、チームには頼むつもりだ。佐原(伸一/スズキ・プロジェクトリーダー)さんにはもう言ってあるよ。特別なマシンだからね」

「レース後、リヤタイヤを見たら、チームメンバーの名前が手書きで書かれていたんだ」

「ファンからのメッセージもとても嬉しかった。僕らはこの勝利を心から望んでいたし、上手くいったね」