幻となったアウディのLMDhマシンは、テスト走行まで数週間というところにまで開発は進行していたようだ。

 2020年末、アウディはコストパフォーマンスの高いLMDhマシンの開発を決定。2023年からFIA世界耐久選手権(WEC)とIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権(IMSA)の最高峰クラスに参戦する予定だった。

 アウディは長年ファクトリードライバーを務めてきたレネ・ラストやニコ・ミュラーを開発ドライバーとして起用し、発表はされなかったものの長年のGTパートナーであるWRTと公式ファクトリーチーム契約を結んでいた。

 このマシンは、マルチマティックの次世代LMP2シャシーをベースに同じフォルクスワーゲン・グループ傘下のポルシェと並行して開発が行なわれ、同じツインターボV8エンジンと標準のハイブリッドシステムを搭載する予定となっていた

 ポルシェは今年6月中旬にLMDhマシン『963』を発表した一方で、アウディは開発能力を別の分野に向けるべく”一時中断”を発表。8月にアウディが2026年からのF1参戦が決定されると、プログラムの中止が確認された。

 そして、アウディ『R18』の後継機であり、ル・マン24時間レースでの13勝目を狙う新LMDhマシンは、プロジェクト破棄の決定が数週間後に遅れていれば、最初の走行テストを終えていたはずだったということが明らかになった。

「最終的に、マシンは準備が整っていた」

 そうミュラーはmotorsport.comは明かした。

「シミュレータで多くの作業を行ない、正真正銘のサーキットテストに向けて全てが順調に準備が進んでいた」

「このマシンはポルシェと一緒に開発されていたモノで、それらのマシンがマルチマティックと同じプラットフォームを共有しているのは周知の事実だ」

「そのマシンで走りたかったか? 本当にあと少しだったが、連絡が来るのが数週間早かったのだ」

 アウディのカスタマーレーシング責任者であるクリス・ラインケは、年始の段階ではアウディとポルシェの開発進行度はほとんど拮抗していたと明かしており、いかにその新マシンが実走行テストに近かったかを示唆している。

「ポルシェとパートナーシップを組んでマシンを開発していたのは確かで、ポルシェがマシンを公式に発表している状況からも察せるはずだ」

 以前はアウディのLMP1プログラムを率いていたラインケはmotorsport.comにそう語っていた。

「アウディ内部ではF1に集中することが決まっていた、LMDhに思い入れのあった人たちにとってはその可能性が狭まってしまったのだ」

 アウディがLMDhプログラムの中止を決めたことで、ミュラーはプジョーのハイパーカーチームに加入、ラストはWRTのと共にライバルのドイツメーカーであるBMWへ移ることとなった。

 2026年からF1にパワーユニットサプライヤーとして参戦することを発表したアウディは、ザウバーと提携を組むこととなっている。