F1の2022年シーズンもサンパウロGPとアブダビGPを残すのみとなった。メルセデスのルイス・ハミルトンは、この2戦でフェラーリを上回りコンストラクターズランキング2位になれれば素晴らしい気分だろうと話している。

 今シーズン、メルセデスは新たなマシン規定への適応に苦戦し、特にシーズン序盤はレッドブルとフェラーリのトップ2に大きく引き離されていた。

 しかし中盤戦を過ぎてメルセデスが調子を上げ、さらにフェラーリがミスなど様々な要因でポイントを重ねられない状態が続いたことで両者のポイント差は大きく接近。残り2戦で40ポイント差と、逆転の可能性を残す位置に食らいついている。

 ルイス・ハミルトンは、コンストラクターズランキング2位を獲得することが名声からも、スタッフの“ボーナス”という点からも重要だと考えており、逆転できれば素晴らしい気分だろうと話した。

「チームやファクトリーのみんなにとって、ボーナスという点がどれだけ重要かは理解しているよ」と、ハミルトンは言う。

「特にイギリスのエネルギー価格の高騰や生活費のコスト増はすごい勢いだからね。だから彼らにとってこの点が重要で影響のあることなのかは分かっている。もちろん、追いつくために彼らがどんなにハードワークをしてくれたかということもある」

「もし追い抜ければ素晴らしい気分だろうね。ただ現実的に考えると、今年のフェラーリは素晴らしいクルマを手にしているし、今週末も先頭を争って来るはずだ。確かに何が起こるかは分からないけどね。でも、彼らを倒すのは簡単じゃないよ」

「それでも勝つことができれば、最高のカムバックだろう。それに僕らが真剣なんだと知ってオフに入ることになる」

 なお苦戦が続いたメルセデスにとってはランキング3位の方が空力開発に割ける時間が多くなり、来年のカムバックに向けては好ましいようにも思える。しかしハミルトンは、それでも2位が目標だと語った。

「研究開発の面などから言えば、完全な影響は分からない。もちろん、3位で終われば2位よりも風洞に使える時間は増えることになる」

「その方がいいのかどうかは、エンジニアが判断してくれるよ。今の僕がしたいと思っているのは、彼ら(フェラーリ)を倒すことだけどね」

 ハミルトンはラスト2戦に向け集中しているが、アブダビよりはブラジルの方がメルセデスには有利かもしれないと考えているようだ。

「僕はこの2戦で最大限の結果を出すことに集中している。チームとしては来年戦えるマシンづくりをすることに集中していると思うけどね」

「正直、コースを走るまでは分からない。毎回ギャップの大きさなんかに驚かされるんだ」

「金曜日が始まるまで、うちのマシンが素晴らしいのかは分からないだろう。でも驚かされることになればいいね」

「僕らのマシンがどこで機能して、どこで機能しないのかは分かっている。(ブラジルも)簡単な方ではないだろうけどね。でも天候のこともあるし、何でも起こる可能性はある」

「だからこの2戦では、今回が僕らが接近するためのベストな機会だと思う。最終戦は長いストレートがあるし、厳しいと思うんだ」

 そしてチームメイトのジョージ・ラッセルは、今週末フェラーリを上回るチャンスがあると考えている。

「ああ、僕らはギャップを縮めてきている。大事なのはフェラーリに先んじていることだと思う」

「どうしてかというと、現実的に話せばレッドブルとマックス(フェルスタッペン)が今は強すぎるからだ」

「そして彼らを負かす唯一の方法は、ミスなどを待つことだ。そして、僕らはその幸運を拾うためには前にいる必要がある」

「でも今のフェラーリは浮き沈みがちょっと激しいから、彼らのポジションを確認する必要がある。でもここ2戦は僕らとしては素晴らしかったと思う」

 なお今週末のインテルラゴスは雨の可能性があるとしている天気予報もある。ウエットコンディションが好ましいかと聞かれた際には、ラッセルは次のように語った。

「雨についてはなんとも言えないね。モントリオールのようにウエットで競争力のあるレースもあったし、その一方でシルバーストンの予選やイモラでのフリー走行みたいなこともあった。だから雨はいつも厄介なんだ」

「フェラーリはウエットではいつもかなり強いようだし、僕らや他チームよりも上手くタイヤに熱入れできているんだろう。多少の雨は歓迎するよ。ちょっとしたスパイスになるだろうからね」