FIA世界耐久選手権(WEC)の最終戦バーレーン8時間レースの予選が行なわれ、トヨタ8号車(セバスチャン・ブエミ/ブレンドン・ハートレー/平川亮組)がポールポジションを獲得した。

 シーズン最終戦の舞台は、バーレーン国際サーキット。日が沈みゆく中で予選が開始された。

 注目は、同ポイントで最終戦を迎えたトヨタ8号車とアルピーヌ36号車の力関係だ。今回の決勝は8時間レースで配点も6時間レースより多くなっているが、この予選でどちらが前に出るか、決勝を占うアタック合戦となった。

 36号車は予選開始を待ちきれないかのように、ピット入り口で待機。その後ろにトヨタの7号車が続いた。36号車はマシュー・バクシビエール、7号車はマイク・コンウェイがステアリングを握り、ブレンドン・ハートレーが乗り込んだトヨタ8号車は少しタイミングをズラしてアタックに向かった。

 36号車最初のアタックは1分48秒593。対して、7号車のコンウェイはそれを0.503秒上回って見せた。

 さらにトップタイムを塗り替えたのが、プジョー93号車のポール・ディ・レスタ。1分47秒610をマークするが、タイムシートのトップに座れたのはわずかな時間だった。8号車のハートレーが1分46秒800のアタックをまとめたのだ。

 その後も各車がアタックを続けたものの、8号車のタイムに肉薄することはできず。残り2分を残してピットに戻った8号車が、チャンピオン獲得に向けてポールポジションを獲得した。

 2番手はプジョーの93号車。プジョーは今回、性能調整によって前戦富士よりも12kg軽量化しており、フリー走行でも速さを見せていた。

 トヨタの7号車は3番手。僚友8号車とは0.938秒差だった。アルピーヌ36号車はプジョー94号車の後塵も拝する5番手となっている。

 LMP2クラスは、セッション終盤までポイントリーダーのJOTA38号車が暫定トップとなっていたが、41号車のREALTEAM By WRTがセッション最後のアタックでトップタイムを更新。クラスポールポジションを手にしている。

 今季限りで終了となるLM-GTE Proクラスは、ポルシェ勢とフェラーリ勢が最後までアタック合戦を展開。しかしその中で、ジャンマリア・ブルー二がアタックを担当したポルシェ91号車が頭ひとつ抜け出し、最後のレースを記念したスペシャルカラーリングで見事ポールポジションを獲得した。

 僚友92号車はセッション最後のアタックでそれをさらに上回るペースを見せていたものの、フェラーリ51号車のスピンで黄旗が出されていたため、タイムを残せなかった。

 LM-GTE Amクラスでは、アイアン・デイムスの85号車フェラーリがポールポジション。星野敏がアタックを担当した777号車D'station Racingのアストンマーチンはクラス13番手だった。