マクラーレンとアルピーヌの間で発生した、オスカー・ピアストリの契約問題は、アルピーヌとの契約の早期解除が合意されたことが分かった。

 アルピーヌでリザーブドライバーを務めるピアストリは、フェルナンド・アロンソのチーム離脱決定後に、後任として昇格が発表された。しかしピアストリはそれを否定し、マクラーレンとの契約を発表。最終的にこの問題は契約認定委員会に持ち込まれたが、最終的にピアストリとの有効な契約はマクラーレン側が持っていると認定されたため、アルピーヌとしては長く育成してきたドライバーを失うこととなった。

 ただマクラーレンとの契約が認められた後も、アルピーヌはピアストリの現行契約があることから、早期にマクラーレンへ加入することは難しいと見られていた。

 しかし、その状況にも変化が訪れた。最近になりピアストリがポール・リカール・サーキットでマクラーレンMCL35Mを2日間にわたってテストしたことが明らかになったのだ。

 マクラーレン側はテストの詳細については明らかにしていないが、実施されたことは認めていた。

 そしてアルピーヌ側もピアストリの件に関しては合意に達しており、ピアストリがシーズン終了後のアブダビテストにマクラーレンから参加できることを認めた。

 アルピーヌのオットマー・サフナウアー代表は、motorsport.comに対して次のようにコメントした。

「どのように別離するのかについて交渉が行なわれ、合意に達した」

「我々は境界を定めたんだ。ひとたび今シーズンが終了すれば、彼は自由だし、やりたいことをやれる」

 なおポール・リカールでのテストに関しても、サフナウアー代表は「全てはその(合意)一部だった」と語っている。

 こうした合意の結果、ピアストリは最終戦アブダビGP終了後のアブダビテストで、初めて現行マシンのMCL36のステアリングを握り、マクラーレンから公の場所に立つことになる予定だ。

 なおアブダビGPのFP1でマクラーレンからピアストリが出走することはないと見られており、パトリシオ・オワードが参加すると見られている。

 また、サフナウアー代表とマクラーレンのアンドレアス・ザイドル代表は、サンパウロGPの2日目に記者会見に出席するため、ピアストリに関する詳細をコメントするものとみられる。