F1サンパウロGPのスプリントレースは、アルピーヌにとって散々なモノになってしまった。エステバン・オコンが6番手、フェルナンド・アロンソが7番手からスタートしたものの、オープニングラップでふたりが2度接触してしまったのだ。

 2台並んでターン4に進入した結果、コース外に押し出される形となったアウト側のアロンソが挙動を乱し、2台が接触。より影響が大きかったのは、2台がホームストレートで接触したことだ。

 アロンソのフロントウイングがオコンの右リヤタイヤと接触し、ダメージを受けたのだ。このためアロンソはピットインを余儀なくされ、無線でアロンソは怒りをあらわにした。

 その際、アロンソは無線で「”友人”のおかげでフロントウイングを失ったよ」と皮肉った。

 レース後、スチュワードはメインストレートの事故について調査することを確認し、両ドライバーから話を聞いた結果、アロンソに非があると判断。5秒のタイム加算ペナルティを科した。

 オコンはターン4での接触で空力的にダメージを受けており、スリップストリームの影響もあってアロンソが”著しく”速かったようだ。スチュワードは、アロンソが「抜くタイミングをわずかに誤り、後ろからオコンにぶつかり、フロントウイングがオコンのリヤタイヤに当たった」ことをヒアリングで認めたという。

 オコンはダメージの影響もあってペースが苦しく、18番手でスプリントをフィニッシュ。アロンソは15番手でスプリントを終えたが、ペナルティにより決勝レースはオコンが17番手、アロンソは18番手からスタートすることになる。

 この影響でアルファタウリの角田裕毅は15番手、アストンマーチンのランス・ストロールは16番手に決勝のスターティンググリッドが繰り上がる。

 FIAの発表では「スチュワードは、あのスピードとコースのあの場所での衝突は危険であり、アロンソに全面的な過失があると判断した」と付け加えている。

 アロンソには、5秒ペナルティの他ペナルティポイント2点も追加。現在アロンソの累積点数は6となっている。

 チーム代表のオットマー・サフナウアーは、スプリント後にこの件についてコメントしなかったが、マクラーレンとコンストラクターズランキング4位を争っている中での失態に、両ドライバーを非難するコメントをプレスリリースに寄せた。

「正直なところ、エステバンとフェルナンドは、コース上での事故を避け、チーム全体のパフォーマンスを低下させることなく、チーム全員の素晴らしい努力を補完するためにもっと良い仕事をしなければならない」

「今日はふたりのドライバーがチームを失望させた。明日は、チャンピオンシップのためにこの週末ポイントを取り戻すために全力を尽くさなければならないので、彼らにはもっと期待している」

「我々はシーズンの目標を達成できるようなポジションで、来週末のアブダビに臨めるようにしたい。明日はまた新しい1日だ」