ダニエル・リカルドは今シーズン8月、マクラーレンと契約早期解消に合意し、2023年シーズンのシートを失った。その中で、元チームメイトのセバスチャン・ベッテルが”真の友人”となっていたという。

 マクラーレンに移籍後、リカルドは苦戦が続いており、今シーズン途中からは2023年までの契約満了を待たずにシートを失うのではないかと囁かれ始めた。

 当初は否定していたリカルドだが、結局8月にはマクラーレンがF2王者であるオスカー・ピアストリの起用を発表。リカルドはシートを失うことになった。

 そんなリカルドはシート喪失という厳しい時期に、レッドブル時代の元チームメイトであるセバスチャン・ベッテルが、精神的にサポートしてくれたと明らかにした。

「今年は何度も彼と電話をしてきた。真の友人がしてくれるように気を使ってくれていたんだ」

「そうした友人を持てるのはとても大切なことだ。でも、F1のグリッド上ではあまりないことだね」

「ドライバーとでも仲良くなって友情を築くことはできる。でも深いレベルの友情を育むのは難しいし、彼が今年示してくれた気持ちは、ある意味予想外のことだった。でも、すごく嬉しいことだったよ」

 ベッテルと話していた時期について聞かれたリカルドは、さらにこう答えた。

「契約について色々起こっていた時期や、いろいろ雑音があった時期が多かった」

「もちろん、(電話したのは)彼だけじゃない。他のドライバーとも話していたよ。かなり頻繁に電話に出ていたんだ」



 リカルドは2023年の身の振り方に関しては、おそらくリザーブドライバーの役割でF1レギュラーシートへの復帰を狙っていくことになる。

 そして彼は1年を“補欠”で過ごすことで、競争力の低いチームでも2024年に復帰したくなるだろうと語った。

「2024年を考えているなら、なんで来年は狙わないのか?と言われるかもしれない」

「でもしばらく離れて、TVやパドックでレースを見ることで、ハングリー精神が戻ってくると思うんだ。もちろん、今も“ハングリー”ではあるけど、それが溢れ出してくる状態にしたい」

「サマーブレイクのちょっとの休みでもそうなるからね」

「新型コロナの影響で3ヵ月(開幕が)遅れたときも、かなりそれを感じていたし、おそらく2016年以来でもベストだったと思う」

「だから”欠席期間”が自分にどんなモノをもたらすのかは分かっている。もちろんドライバーごとに感じ方は違う。でも僕は来年休暇をとれば、2024年に戻ってきたいと、凄くハングリーになるだろう」

「だから2024年に戻ってきたいと話しているんだ。保証はないけどね」

 そう語るリカルド。彼としては2023年に競争力の低いマシンで参加することは、1年間の”休暇”をとるよりもリスクの高い選択だと考えているという。

「僕は来年のシートに飛びつくのはリスクがあると思っている。マクラーレンでの時間を過ごして示されたように、パフォーマンス面での保証は何もないんだ」

「もしそれで、何らかの理由でうまくいかないシーズンになったら、僕はこの世界から離れることになるだろうね。だからそのリスクは1年休むよりもずっと大きいんだ」